プロフィール

上条 孤鷲斎 寿親

Author:上条 孤鷲斎 寿親
やあ、お久しぶりじゃの。
寄られたのならば
ゆっくりしていってくだされ。
こっそりと昔語りや戦話をやっている、戦国ixa21-24鯖 足利家の同盟 
百鬼夜行の爺の部屋ですじゃ。

基本、その時そのときの戦ネタですが、よければ一言残して頂きたい処ですぞ。それでは、よろしくお頼み申しますぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

総来訪者様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美濃の国 向かう方面 南東か?


「上条さんに任せます。」

織田家に対しての攻略戦、盟主会に参加する前に
参加出来ないばんぶー殿に展開方面について相談した時に
そう言われた。

「任す。」か…

通常であれば、特段気にせずに他の同盟の行方を見て、
残りの方面で選べばよい。
しかし、今回は明らかに南東が回避されるだろう。

そうなのだ。
南東にはあの強同盟 『千輪神楽』 が鎮座している。
不用意に対峙すれば百鬼夜行の鬼たちとはいえ、
ただでは済まないのは判っていた。
儂なども前回触れなかったが、恐ろしい脇坂を投げつけられ
冷や汗をかいたものだ。

儂は考えを纏められないまま、盟主会へ馬を走らせた…

「こんばんわ。お邪魔します。」

時間に少し遅れて到着すると、
中には足利家の同盟を代表する方が沢山。
既に百鬼からもLiu殿も着席していた。
儂はLiu殿に目で挨拶をし、末席に座る。

「では、爺様も来たことですから再度確認します。
 北東には…」

ほかの同盟も決まっているとこ、そうでないとこ
まだまだ詰めなければ という感じだった。

「で、爺様どうします?」

進行をされていた桜花幻影殿から水を向けられ、
Liu殿に目線を走らせる。

目は 「任すよ」 と言っている。

まだ悩みながらも、口から出たのは、

「百鬼は南東に展開しましょうかの。」

だった。

言ってはみたものの、気持ちはまだ揺れていた。
それはそうだ。明日以降の仲間の戦功等に関わってくる。
更に言えば、愉しく戦できるかどうかに関わってくる。

儂の逡巡を見逃さなかった 破軍武将のじみへんっ殿の目も、

「大丈夫だよ。きっと。」

と励ましてくれているように感じた。

それでも、まだ考えているのを察したLiu殿は

「うち、場合によっては北西もあるかも。」

と、声を発してくれた。

このあたりの機微は流石だ。本当に有難い。
要するに『千輪神楽』という同盟は、
それほどに気をつけねばならない相手なのだ。

ここに居るのが、ばんぶー殿ならば「南東」は撰ばないだろう。
そう思い、儂は初期に百鬼夜行が択った方法、
10番目以降の地方砦にまとめて出ることもあると伝え、
盟主会を辞した。

「しかし、足利の同盟は皆、気持ちがいい方ばかりじゃな。
 全部が同じ同盟・仲間でもいいくらいじゃ。」

「ですねえ。まあ、長いですからね皆。」

「また、どこかに遊びに行きますかの?Liu殿?」

「ですねえ、足利同盟にも、とちゅにもいきますか。」

「足利同盟か…まへ…ロベルト殿とも、小さい活きのいい
 あの武将とも久しぶりに儂も遊んでみたいがの…」

「上条さんは出られないでしょ、今回は。
 散々放浪したんですからね前期。」

「[´Д`]おう…記憶がなくなったんじゃもん」

「まあ、遊びに来てもらいましょう。また皆に。」

「ですな。餃子の席も空けて待っていようかの。」


馬首を並べ話している最中、Liu殿に促され、百鬼神社に足を向ける。

着くと、てんめいと殿、マリオ殿が待っていてくれた。
渡りに船と、儂はまだ纏まり切らない考えを相談する。

「戦略的には南東は避けるべきだが、しかし気持ちとしては、
前回我々の方面に展開してくれた千輪神楽に応えたい。」

と…

ひとしきり話終わった後の沈黙の後、

「良いじゃないですか。出ましょうよ南東。
 どうせどこに出ても囲まれますよ。」

てんさんが儂にそう語りかけてくれた。
横ではマリオ殿も涼やかに微笑む。

これで決まった。

「南東にでましょう。
 皆に伝令を飛ばします。」

「大丈夫ですよ。
 陣払いはcarズさんや陸遜さん、虎次郎さんもいますから。」

「確かに…」

烈火撲滅運動を始めた陸さんに、
「ふうっ」という度に廃スキルが10になっていく虎さん、
初期スキルが間違って付いているカーズさんらに、がんばって貰おう。

そう思えは、気持ちは軽くなった…。

「まあ、明日はばんぶーちゃんもいるからの…」

明るくなった気持ちをもって美濃の国へ攻め込むとしようか。

「消耗を抑えての戦… 百鬼の者にはどうせ無理じゃろうな。
しかし…前門の虎、後門の狼とは 正にこの事じゃの。」

鬼や羅刹の如く躍動できるか、美濃の虎達が祭のように猛るか、
どちらにしてもやってみてじゃな…

スポンサーサイト

<< 美濃の国 踏み入れ見れば 修羅の国  | ホーム | 昔から 織田家と戦わ 激しいな。 >>


コメント:

こっちも溶け溶けwww

織田戦熱いね~Σ( ゚д゚)ノ!
こっちもまた兵溶かしちゃったwww
東西戦と百鬼戦もあるし織田戦も・・後半に強豪がつづくのよね~
兵がいくらあっても足りないな~~;;
兵レンタルしたいwww

ねこの周りは予約があるんで、お一人様限定b
兵無いからみんなで来なくていいよ~~(^O^)

脇坂の風

脇坂の風を感じていただけましたでしょうか?w
わざわざ載せて頂きありがとうございます!!

亀さんに続き爺様の有名ブログに載る事ができ光栄の極みです

足利戦での攻防、凄い楽しかったです
また当たることがありましたら、是非ともまた熱い戦いをしましょう!!
では、次戦の徳川戦、頑張ってくださいw

ねこ◕戦車さん

後半に強豪が続くの、うちも一緒だよん
その前に、先ず、対四羽戦だからね…
人口増える暇がないわあ…

ねこちゃまのとこは、誰に向かってもらおうかね…
ぶちっちのとこは、元赤母衣のデュランりーだー達に
行ってもらうとしてさ。

のぶゆき殿。

脇坂の風、大いに感じましたぞ!
お陰で最近、風邪をこじらせて大変なものですじゃ。

こちらもお相手いただき大変感謝しております。
面白い戦ができてこそのixaですものね。
今後も良き好敵手としてよろしくお願いいたします。

あ、百鬼の者を武録に載せていただく場合、
はずかしい結果であろうがすべてフリーで
構いませんので!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。