プロフィール

上条 孤鷲斎 寿親

Author:上条 孤鷲斎 寿親
やあ、お久しぶりじゃの。
寄られたのならば
ゆっくりしていってくだされ。
こっそりと昔語りや戦話をやっている、戦国ixa21-24鯖 足利家の同盟 
百鬼夜行の爺の部屋ですじゃ。

基本、その時そのときの戦ネタですが、よければ一言残して頂きたい処ですぞ。それでは、よろしくお頼み申しますぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

総来訪者様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終の 一つ手前で 気合入れ。2日目

2日目…

戦功を稼ぐ場所は殆ど無くなったが、それでも百鬼の面々は敵を求めて、
戦場を彷徨する。

戦場を流しつつ、いくつかの盟主が捲土重来を期して復活しているのを
確認できた。

「では、儂も…」

前日、とちゅえびの猛攻を受け落城した城を急ぎ復旧し、再び戦場にたつ。

「ままよ」

出城の周辺は赤い。周りには魔王ちゃん等数人の仲間は健在だったが、
何時あの変態部隊が突撃してくるかは判らなかった。
が、それでも今回は立ち上がらない訳にはいかなかった。

「順位も下がったのぅ」

最高で4位まで上がっていた戦功獲得順位もかなり下がっていた。

「もうひと頑張り。」

少なくなった兵をやりくりし、部隊をまとめる。
初期の陣地取りに失敗したのがやはり最後まで響いている。
3331が一つくらい取れていればと、考えることもあるが
事、ここに至っては致し方ない。

「もどりました。」

戦線に復帰し、仲間の居る評議所に顔を出す。
変わらず戦に勤しんでいる仲間たちに混ざり、しばし談笑を
交わした後、再び敵を求めて戦場に出る。

残された兵の損傷を抑えるため、合流で敵に当る。
昼間から10合流の連発だ。流石に敵も次々と沈黙していく。
そんな中、石田家の勇将 村正さんを望む地点に構えた陣への敵襲が
報告された。

「だれじゃ、今回は。」

「同盟は、【笙】、武将は茨木童子殿です。」

いつも、対戦するとキツイ一発をくださる茨木童子さんの顔を思い浮かべ、
申し訳ない思いがこみ上げる。

「すみませぬ。攻撃部隊への配置で、防衛部隊が全く組めない><。
 残りわずか0.5しかないのですよ…」

心の中で懸命に詫びた。空っぽの陣で無駄に時間を使わせてしまった…
石田家での戦が起こると、【笙】の皆は、よく儂に攻撃をしてくださる。
攻められることの少ない儂としたらとてもありがたい好敵手だ。
だからこそ、しっかり受けたかったのだが…

そんなことが行われていた中、その事件は起こった。
伝令が叫ぶ。

「攻撃に出た、第一部隊が帰還しません!!」

時間になっても帰還しない部隊、かつて噂で聞いたことがある…
その部隊は翌日まで誰も居ない戦場をさまよい、何時までも
城に帰ってこれなかったという…それがまさか我が家で起こるとは…

評議所で、仲間に事情を説明し、気持ちを落ち着ける。
仲間との会話の中でなんとか自分を取り戻し、
今回は終戦なのだと思うことにした。

終戦までまだ時間はある。1軍が居れば、もう一つ二つの
城を叩けたかも知れない。

しかし、これが運命かとも思い諦めた。
そうこうしている間に時間も零時に近づいてきた。
そんな中、石透水さんが先に帰還すると挨拶をする。
みなが思い思いに、「お疲れ様~」と声をかける。
そこに、
おつです
とさっきまで会話に居なかった魔王ちゃんが現れた。
儂が、
あれ?
と聞くと
さりげなく

殺伐とした戦場に、微笑がこぼれた。

その後、一向に部隊の帰還しない儂は、出城の名前を
「部隊が帰還しない城」に変えて、槍を納め、相模の国へと帰宅の足を向けた。

話によると、儂の居なくなった後の城を、【とちゅえび】の花粉症どのが
廃城にしてくれたとの事だった。
ありがとうございました。お世話をかけました。

*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――

~石田家近江の国、攻撃戦終幕~

今回お近くに伺いながら絡めなかった皆様、お許しくださいませ。
終戦前には行こうと思っていたんですが、上記のような理由で
伺えませんでした。全て、運営が悪いんですぞ><。。。

スポンサーサイト

<< 最終戦 右も左も 特攻機。 | ホーム | 最終の 一つ手前で 気合入れ。 >>


コメント:

ども!

そうだったんですね!
機会があれば
又胸を借りに行きますので
コテンパンにしてください!
さすがに今期はチャンスないと思いますが
il||li▄█▀█●il||li

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


まとめtyaiました【最終の 一つ手前で 気合入れ。2日目】

2日目…戦功を稼ぐ場所は殆ど無くなったが、それでも百鬼の面々は敵を求めて、戦場を彷徨する。戦場を流しつつ、いくつかの盟主が捲土重来を期して復活しているのを確認できた。「...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。