プロフィール

上条 孤鷲斎 寿親

Author:上条 孤鷲斎 寿親
やあ、お久しぶりじゃの。
寄られたのならば
ゆっくりしていってくだされ。
こっそりと昔語りや戦話をやっている、戦国ixa21-24鯖 足利家の同盟 
百鬼夜行の爺の部屋ですじゃ。

基本、その時そのときの戦ネタですが、よければ一言残して頂きたい処ですぞ。それでは、よろしくお頼み申しますぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

総来訪者様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦場の倣い。

ほう、石田とか…
余所が中々対戦相手が決まらない中、我等北条家は
因縁あさからぬ、石田家との開戦が早々に決まった。

「今回もおぬしについても厳しい闘いになりそうじゃの、蕃風殿」

「まあ、後少しですからね。やってみますよ。
 そろそろ大変ですがね」

そんな会話をしながら、それぞれの部隊で活動方針を決め、
準備を整え開戦に備えた。


開戦の初日、
戦端が開かれるのと同時に、北条家筆頭の蕃風の陣に
敵の一斉攻撃が始まった。以前の徳川戦と同様の攻撃だ。

「なかなか大変そうだな、有名人も…」
そんな会話をしながら、我ら百鬼の部隊は、ありがたくも
北西1に進軍してきてくれた石田家の面々を迎え撃った。

北西1には石田家でも高名なよもぎ餅どのの顔も見えた。

「わずかでも当家に勝機があるように、行きましょう!」

いつまでも若々しい武者ぶりのよっしーの声と同時に、
百鬼剛龍弾を次々にうちこみ、早々に沈黙させることに成功した。

「では、次!!」

yabeyabe殿、まみ太郎殿、優衣殿、空乃輔殿、そして Bond殿等の
百鬼の武将が一段となって北西1に黒い煙を増やしていった。
それは、まるで墨が水に拡がるような光景であった。

「北西1、殲滅終了!お疲れ様でした!!」

こちら方面の作戦としては上々の滑り出しであった。

その後、儂は現世での療養の為、暫く抜けたが百鬼の仲間は、
雨後の筍のように復活してくる敵武将を、抑え続けて、
北西方面における、勝利を勝ち取っていた。


夜になり限定された攻撃先と敵同盟のみしか残っていない状況で、
儂たちは、かつて轡をともに並べた強敵の下へ赴いた。

「さて、餃子でもたべますか…」

「蕃風の処にもいってるようじゃの。かの同盟を潰してほしいと
 言っておりましたぞ。」

「じゃあやりますか!」


南西2。そこは現在袂をわけた、かつての友人が沢山いた。
餃子殿をはじめ、金剛夜叉明王殿、沙羅殿、布羅蛇無 殿…
懐かしい、共にに戦った日々を思い出す…

「戦場の倣い、いざ!!」

仲間の合流指示を受けても、中々本気になれない自分もいた。
儂の陣にも大いなる神からの一撃を受けつつも、
なんとか、敵の出城をいくつか潰した後、

「時間一杯ですね、餃子さんは食べれませんでした…」

「ざんねん><。餃子たべたかったですぅ。」

いろいろな声が飛び交う中、なんとなくほっとしている儂がいた。

こんなことではこの先、長宗我部の古代美雪殿や、織田にいるかの方と
対戦の折は、生きていけないじゃろうて。

そう思う自分と、これでよかったと思う自分が葛藤している。

だが今は考えるのはよそう。
百鬼・暁揚羽・反魔王軍の上位3傑独占のために。
この老体にもう少し鞭をいれて前に進もう。

この先の未来の為に。





しかし、反魔王軍は別として 銭湯写真家殿やらう殿、稼ぎすぎじゃのう…
ご一緒する際、爺が霞んでしまいますのう。





追伸、

鬼さん。時間があったら又お寄り下され。

DAN殿、お帰りなさい。お待ちしておりましたぞ。

スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。