プロフィール

上条 孤鷲斎 寿親

Author:上条 孤鷲斎 寿親
やあ、お久しぶりじゃの。
寄られたのならば
ゆっくりしていってくだされ。
こっそりと昔語りや戦話をやっている、戦国ixa21-24鯖 足利家の同盟 
百鬼夜行の爺の部屋ですじゃ。

基本、その時そのときの戦ネタですが、よければ一言残して頂きたい処ですぞ。それでは、よろしくお頼み申しますぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

総来訪者様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下巻

流石に連戦での防衛、至る所で村が、砦が、城が骸を晒している。
最果てまで遠征した我らの軍も力を持て余していた。
しかも2日目、あと数時間で終戦という時期に至って防御値無しという有様。
蕃風殿やよっしー殿の様に40以上の陣は張っていないがそれでも20以上はある。
其処への攻撃も0…

「中々厳しいのぅ」

そう思いつつ、儂は戦場を離れた。

その間、いろいろなところで激しい戦もあったようだ。
お仲間の一人、虎家殿の処は、件の「とちゅえび」から合流攻撃を撃たれ、
近隣いた百鬼揚羽の者が加勢を送っての全力迎撃などのお遊びもあった。
又、蕃風殿についても、同時に複数個所を攻撃を行うことで、上手に足止めを
していたようだ。

それについて蕃風殿は、
「正面から来たら良いのに」と思っていたようじゃが、
敵対したら、中々そうはいかないだろうなと、身内ながら考えてしまった。

やはり、敵にはしたくないなと思う反面、
Liu殿がおっしゃるように、

「最後までに1度くらいは筆頭に!」

というような気持ちも幾許か残っている。

「時間が無い・部隊が弱い」というのは言い訳だと思う。
どこかで、「必ず。」と思い続けることが、この世界でも、
現世でも負けないためには必要だと思う。


結局、現世での流れもあって、状況を眺める程度しか参加できず、
終戦を迎えるまでに、防御値わずか1200。
1度だけ陣防衛をしただけの数字であった。

これで終わりか思い、部隊を秘境に送ろうかと思ったとき、
「とちゅえび」の餃子殿から防御値の贈り物の攻撃が陣に
向かって来ていた。

「ありがたい!」

そう思い部隊に防衛を命じる儂。

不足分を補うように複数の部隊が攻撃に向かってきている。
これならば或いは!炎は無理でも、火くらいは!!

配置を終了し、着弾を待つ儂。
ふっと気になって、攻撃の確認をすると目を疑う情報が飛び込んできた。

「おう><また、この時間に「笙」の村正殿たちが…」

そう。前回秘境に旅立たせた後に出城を攻撃してくださった、村正どのが
今回も出城攻撃に来てくれていたのだ。

「しかし、餃子殿と同時とはのう…」

考えても致し方ない。急ぎ部隊に防衛を命じ、共に着弾を待った。

「着弾!共に実弾でした!!攻撃してくれた方々に感謝ですね」

実にありがたい。これ合わせれば「火」くらい引けるのではないか…

そこで、終戦を迎え、暫く待って、戦功の確認・防衛値の確認を行った。

「さーていかほどになったかの。」

「殿、防御値19941です!!!」

「なに~~~~~~~~~~~~!」

まあ、こんなものかの。
これが、石田家の寸止めプレイ…
世にも恐ろしい敵じゃ。



こうなったら暫く、石田家の皆とは遊んであげませんぞ!

でも、ありがとう。村正殿と笙のお仲間たち。
   ありがとう。餃子殿。


対石田家合戦結果
戦功
1位 蕃風殿
4位 Liu殿
8位 yabeyabe殿
9位 mitsu殿
12位 naka殿
16位 翔鳳どの
21位 らぅ殿
25位 爺
28位 よっしーどの
29位 まみ太郎殿

次回は、武田家あたりと攻撃で当りたいなと思う爺でした。


追伸、
carズ殿。素敵な能力が付与されてたら使わなければ!!
ぜひ、次回くらいから本気でお願いします。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。