プロフィール

上条 孤鷲斎 寿親

Author:上条 孤鷲斎 寿親
やあ、お久しぶりじゃの。
寄られたのならば
ゆっくりしていってくだされ。
こっそりと昔語りや戦話をやっている、戦国ixa21-24鯖 足利家の同盟 
百鬼夜行の爺の部屋ですじゃ。

基本、その時そのときの戦ネタですが、よければ一言残して頂きたい処ですぞ。それでは、よろしくお頼み申しますぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

総来訪者様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四方から 羽ばたく風が 舞う前夜。

「やはりか…」

巷で囁かれていた様に、対徳川家との戦が決まった。
前回の織田家との戦で、強同盟と対することが、
如何に大変か、それを改めて認識させていただいた。
その点でも織田家「千輪神楽」の面々には感謝せねばなるまい。

我々は、一層気持ちを引き締めてかからねばならないだろう…


「やっぱり厳しいでしょうね。
 あちらの人口8000人以上が22名で、」

「うちは、8名か…」

百鬼神社内でいつもの様に車座で会話している、
Liu殿とよっしー。
その他の鬼たちもどこか普段とちがう面持ちだ。
そんな中、時期が良いのか悪いのか
百鬼夜行に、短期留学で自らを「変態紳士」と
名乗る武将が参加された。

友好同盟 狂都大学の「キノ」殿だ。

足利家では知らない者はいないだろう武将だ。
盟主会での発言や、戦場での働きぶりは目を見張るものがある、
儂にとっても百鬼にとっても、馴染みのある武将だ。

「今回になったのは残念ですのう。」

「いや、それもまた面白いでしょ。
 実際、盟主戦ないかもしれないですしね」

「まあ、そうですな。」

そう言いながらも、儂は徳川家にいる、
おそろしい顔をした盟主や、
熊の様な容貌の自称 農民(絶対農民じゃない) 、
優しい顔をしながら一度戦となると、その恐ろしさたるや
は比類ないDの名を持つ武将。
儂にいくさにゃん刀をくれたイケメン武将、
猫どころか虎だったり、ぶち豹の様な女傑軍団に、
『風』の名を持つ懐かしい強敵の顔を思い出し、

「きっと来る。」

と確信に近い思いを抱いていた。

…人数にすれば、百鬼49名に対し、四羽79名。
攻撃側と考えれば、決して圧倒的な差では無い。

「しかし、それでも。」

そう思える猛獣ばかりだから。

LA殿だけなら儂でも、おもてなし差し上げられるのじゃが。
もし、おし…殿らが来たら…

「無理じゃな…」

あの、島津の強同盟さえ落としてしまったのだ。
気を引き締め全力であたらねば、
我々もただでは済まないことは判っている…。


風雲が急を告げ、
百鬼夜行の鬼たちにとって、
前半戦の天王山とも言える戦が、
いよいよ始まろうとしていた…



ε=ε=ε=ε=ε=┏(゚ロ゚;)┛ダダダッ!!

思案を続ける儂の前をcarズさんが通りすぎる。

「上条さん、騎鉄いっぱい作りましたよ~(´・ω・`)」

いつもよりは、頼もしく思えた。
今回、彼が動いてくれることを祈ろうか。


…戦前夜…

硝煙の香り、馬の嘶き。静かに、刻一刻とその時を待つ
我らが盟主、ばんぶー殿の城の周辺。
既に、戦は始まっている…

●ぼんびーきゃっする



ついでに…我が孤鷲庵。
皆、懐かしい顔ばかりだ。せっかく来てくださったのじゃ。

おちゃでも


( ^ω^)_凵 どうぞ

おちゃでも2

流石じゃ!お行儀良いの^^

スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。