プロフィール

上条 孤鷲斎 寿親

Author:上条 孤鷲斎 寿親
やあ、お久しぶりじゃの。
寄られたのならば
ゆっくりしていってくだされ。
こっそりと昔語りや戦話をやっている、戦国ixa21-24鯖 足利家の同盟 
百鬼夜行の爺の部屋ですじゃ。

基本、その時そのときの戦ネタですが、よければ一言残して頂きたい処ですぞ。それでは、よろしくお頼み申しますぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

総来訪者様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山城にて 土佐の猛者たち 迎え撃つ

対長宗我部家相手の防衛戦となった今回の一戦、
侵攻作戦の時と少し様子が違った気がする。

「『BLACK LOTUS』殿、同盟に加入してますね…」

と、ばんぶー殿。

それを受け、Liu殿も、

「確かに。こりゃ本気だわ」

そうなのだ、何か変わったと感じたのは
この世界でも有数の戦巧者である
『BLACK LOTUS』殿が個人での参戦でなく、
同盟に加入していたことによるものだったのだ。

前回 復活するたびに百鬼合流弾を打ち込むことで、
3時間ずつ眠ってもらう作戦を採り、
足利家はなんとか勝ちを拾うことができた。

防衛戦で勝つためにはやはりこの武将を自由にしては無理だろうと、
同じ様に眠って頂くべく作戦を準備し考えていたが、今回の同盟加入で
裏をかかれた形になった。
長宗我部家との一戦、それだけで難しくなったと考えねばなるまい。

長宗我部家としても確実に攻撃で勝つ方策として、
戦功を稼ぐ武将を存分に生かし活躍を求めるだろう。
そのために間違いなく沢山の加勢で防衛隊を組織してくるはずだ。

しかも、それをするのは、全国でも有数の同盟の一つ、
 『茶団法人茶々道部』殿だ。

人数こそ我々よりも少ないが、
盟主の『茶々』殿の猛者をまとめあげる手腕と共に、
『ユリウス・カエサル』殿や『前田小次郎』殿など、
恐ろしい武将が揃った同盟だ。

「今回も、一筋縄では行かんじゃろうな…」

「そうですね…」

そんな話を鬼の集う作戦会議処「夜行館」で話をしながら、
合戦前夜は更けていった…

*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――

合戦初日、
我ら百鬼の盟主である、ばんぶーが少々動きがとれない。
よって、百鬼の二枚看板の内の一人、Liu殿を中心に長宗我部家の
侵攻を防ぎに出る。
儂も、及ばずながら百鬼の他の面々と共に伸びていた北東方面二桁の
砦の攻略に廻る。
多少の抵抗受けることは織り込み済みで、最近雇い入れた「雑賀衆」を、
砲撃専門の二部将に率いさせ、お構いなしに出城に突撃させる。
繰り出しては入れ替えて、休む間もなく砦の攻略を続ける。
途中、現在 長宗我部家の強同盟『ビビ団』に在籍されておる旧知の
「福虎」殿の来訪を受けて旧交を温めたり、『もふもふ団』の龍太殿からの
ご挨拶を頂戴したりとまったり時間もあったが、なんとか戦功を重ねた。

「年寄りの冷や水と、皆に笑われそうじゃの…」

それでも儂も鬼の一人としての意気地がある。
隠居同然の身とはいえ、皆のお荷物になるわけには行かない。
風の噂では、大して歳も変わらない四羽の淳四狼殿はもっと激しい戦を
しているという。
今は国は違えど、かつての仲間の奮戦の噂を聞いて儂も、

「多少は働かねばな。」

改めて、心を強くした。しかし内心、

「まあ、配下の部将は天と地、いや、鳳凰と鴉くらい違うがの><。」

儂も、現実を直視出来る程度の分別はまだ付く様だ。



その後、戦況を伝える伝令が百鬼の作戦会議室に届く。

「当家46に対し長宗我部家54の割合です!!」

現況での戦功差は絶望的に離れている訳ではない。

「もしや」

と思える程度の差だった。
それを聞き、我らの方針は決まった。そうだ、

「焼き尽くす」

のみだ。
その後は、鬼の仲間で集まり、出城を片っ端から焼き尽くす。
合流先を示せば直ぐに10合流を超える。
1つではなく、2つ、3つと合流弾が乱れ飛ぶ。

「今の百鬼は間違いなく今までで最強じゃな…」

そう思うと同時に、

「ここに mitsu殿や鬼無茶殿、魔王ちゃんがいてくれたら…」
と考えてしまう儂はやはり、贅沢だろうか。

そんな事を考えながら戦に出ると、儂は昔と変わらず
とんでもなく痛い目に会うこともあった。
それがこの結果。

奈ッ津さん


『奈ッ津』殿の率いる数名の部将により、雑賀衆を千以上失うという
厳しい結果に。

「やはり、儂はいつまでも変わらんらしいのう…」

その後、流れの中で、戦功を稼ぐ上位者を潰して行く。
上手い具合に北東に砦が伸びているので比較的に合流も撃ちやすい。
1つ攻略にかかる度に、次の予定も出しておく。
それによって陣貼りを待つまでもなく、流れる様に事は進んだ。

マリオ殿が、
虎次郎殿が、
瑞樹殿が
さらに、入道殿、翔鳳殿、法師殿、デュラン殿らも戦場を駆け巡る。

その結果、戦況も夜には拮抗するところまで来ていた。
我々は、もしかしたら

「防衛戦でも勝てるかも知れない」

という感覚を我々は持つ事が出来た。しかしその一方、

「やはり、あの武将をどうにかしなければ…。」

という思いも共通の認識として持っていた。

「BL殿…強すぎる。」


*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――

二日目
開戦と同時に「BL」殿に剣豪による攻撃を撃ち込む。
結構な剣豪の10合流。
しかし全く動じる気配すらない。
この時期、皆兵が潤沢に居る訳ではない。
本気の10合流が打てないのが口惜しかった

「致し方ないですね。様子を伺いながら各自戦功を積み増ししましょう。」

既に足利家は防衛戦ながら、
「勝てるかもしれない。」から

「勝てる。」

に思いは変わっていた。

『BLACK LOTUS』殿の稼ぐ分以上を我々が稼げばいい。
そう思いながら、復活してくれた敵出城をもぐらたたきの様に
見つけては潰し、見つけては潰しを繰り返す。
その後、儂は現世での戦に出るため暫く孤鷲庵を離れた。

帰還後、百鬼作戦会議処「夜行館」に顔を出すとある作戦が
展開されようとしていた。
それは、

「【☬三日天下☬ 】 南ちゃん 」救出作戦

と銘打たれ、足利家の同盟総出で行われる事になったようだ。
実際に効果があるかどうかは判らなかったが、
大勢の加勢を受け、「鉄壁の城」となっていた『BLACK LOTUS』殿の
出城に各自剣豪で特攻を繰り返すというものだ。
もし、生命値を0.5でも削れれば、200回の攻撃で
加勢が剥がれる計算になる。
が、これは大間違いだった。
いくら剣豪の特攻を受けても、全く動じない 大殿『BLACK LOTUS』城。
足利家側の一方的な特攻となり、作戦としては失敗だった。
また、この作戦の主目的であった「南ちゃん」救出も
結果として叶わなかった…

「この戦法が有効でないとわかったことだけは僥倖といえようかの」

一人、その場で彼の城を眺め呟く。時間も相当費やしたおかげで
そこで我ら百鬼の面々も終戦を迎えた。

出城でも加勢、強化によってはとんでもなく強いということを
学ばせていただいた一戦となった…。

「お付き合い、感謝致します。BL殿…」


心の中で感謝の言葉を呟き、馬首を孤儂庵に向けた…



山城の国 対長宗我部家 防衛戦 終幕。 

足利家勝利!

同盟 ⅹ百鬼夜行ⅹ 足利家筆頭 305015(全国二位)

同盟員獲得順位 
筆頭 Liu殿        
次席 マリオ殿
三席 虎次郎 殿
四席 瑞樹 殿
五席 爺。
7位 ばんぶ~殿
14位 入道 殿
15位 法師 殿
16位 翔鵬 殿
20位 デュラン 殿
21位 てんめいと殿

30位以内のみ掲載。11/30が百鬼夜行の鬼たちでした。
尚、今回の活躍武将には「マリオ」殿が選ばれております。
マリオ殿は戦功優秀を評して次戦終了まで『名誉補佐』として
表彰されます!


おまけ。

~今回のcarズさん。~
百鬼の眠れる龍、carズさんがなんと30段に到達しました!
おめでとうございます。
 ただ、到達間もない為、兵がいません。
そこで、戦中暇だったcarズさんは、この前降臨したばかりの
「如水」を溶かすことに!!
何につけようか悩んだ挙句、政宗に決定。
でもおかしいですね、政宗は完成していたはず。
まさか!そうですそのまさか。「剛勇無双」を消してしまいました。
(つд⊂)爺なら絶対しませんが…

そして、「如水」に下準備で塩コショウ…もといS1を被せ、いざ合成!
そして、なんとつきました!

「鬼謀国砕」

Σ(゚д゚lll)前回の如水と同じですね…
次は新毛利で挑戦することになったそうです。
お大尽は恐ろしいですね…
スポンサーサイト

<< 盟主不在 補佐すら不在 毛利戦(戦前日)加筆! | ホーム | 土佐の国 暴れて暴れて 大乱闘 >>


コメント:

今期、初米

爺様、ご無沙汰です

激しい戦・・・ある意味当たってるかもですが^^;

ワシも変わらんですよ^^
というより更にボケボケですw

器も毎度のように1万近く溶かしてますし
今回などは折角大切な兵を積んでの加勢を貰っているにも関わらず
それを忘れ剣豪兵1防御、3連弾で。。。勝ち(兵1剥)・負け・負け(おまけに陥落)
などと恥ずかしくてお見せ出来ないようなログを残しましたw

面目はもとより加勢してくれた同盟員にも申し訳ないやら恥ずかしいやら^^;

ぼけ老人ぶり全開ですwww

にしても百鬼・・・八面六臂の活躍すごいですなぁ
しかもそんな鬼が沢山w

楽しくやりましょうね
願いはただそれだけです

なんか

いろいろすんごいことになってますのう(●´ω`●)

相変わらずの文豪力に感激しながら

私はクロメのもとへと帰っていきます・・・

強すぎます。

1日目の夜に、挨拶攻撃だけと思って陣を張ったんですが

出城が直ぐにも落ちそうだったので、午前中陣が残ってる間にあいさつだけでもと思い、お邪魔しました。

終盤もう一度当たることが有りましたら又よろしくお願いします。

             福虎

淳四狼さん。

淳さん、いらっしゃい!
「楽しく。」そうですよね。
楽しむためにここに居るんですから。
そして、その為に今の「百鬼」と「四羽」の形が
あるんですし。
徳川家との対戦が何時なのか判りませんが、
その時まで爺も精進しますぞ~。
秘蔵の爺様部隊で遊びに行きます^^

まきたさ~ん。

おほ、いらっしゃーい。

そうなんですよ、凄いことになってるんです。
まあ、儂のまわりでわ、ですがの^^
爺は変わらずの、「のほほん」参戦ですわ。

福虎さん。

ごあいさつ、ありがとでした^^

茶でも準備しようと思っておりましたが、
なかなか手元不如意でお構いもできず
スミマセンでした^^
次もあるでしょうし、東西戦もご一緒出来る
かもしれませんし。今後もよろしくでーす

合戦お疲れ様でした^^

ブログにアップして頂きありがとうございます(^ω^)

まだまだ若輩者ですが、これから精進して参りますので、

また戦場でお会いしたときは宜しくお願い致します♪

奈ッ津さん。

どうもいらっしゃませ~。
あんまりの出来事に思わず「記憶しておきます」と
言いながら記録してしまいましたあ。
儂としては痛い思い出ですがこれも又戦ですねえ。
ぜひまたの対戦を楽しみにしております。
でもあんまり痛くしないでくだされ~><

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。