プロフィール

上条 孤鷲斎 寿親

Author:上条 孤鷲斎 寿親
やあ、お久しぶりじゃの。
寄られたのならば
ゆっくりしていってくだされ。
こっそりと昔語りや戦話をやっている、戦国ixa21-24鯖 足利家の同盟 
百鬼夜行の爺の部屋ですじゃ。

基本、その時そのときの戦ネタですが、よければ一言残して頂きたい処ですぞ。それでは、よろしくお頼み申しますぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

総来訪者様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逸る風 現る影武者 廃は廃

「今回は北条戦か。
 どうも敵という気がせんのう…」

対北条戦となった今回、やはり思ったとおり北条との戦は、
敵対する感じがしない。

二期目の百鬼揚羽時代を全力で戦い抜き、
三期目の懐園としての放浪時代草鞋を脱いでいた国。

仲間も友もたくさんいる。
現在鬼の一人、菜種殿の所属していた「ぬーさん」率いる戦国魂。
ここにはライスシャワー殿等恐ろしい武将もいるし、

現在、北条家の筆頭同盟として相模に武を誇っている
「相模獅子皇会」も前期儂がお邪魔していた時よりも
かなり力を増しており、全国でも有数の同盟になっている。

「さもありなん、ということじゃな。」

前期は北条家に「四羽鳳凰」が居たがゆえに
筆頭とは行かなかったが、
盟主のホリック殿を中心にまとまっており、
それに見合う十分すぎる素養を持っていた。
支える武将も相当の猛者が多くいる。
それが今回開花したのだろう。

「皆、元気なら良いがの。
 絡めれば少し遊んで欲しいのう…」

そんなことを思いながら、前日の準備を終えた。
その前日は、盟主会のことをすっかり忘れていたが…

*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――

初日

早い時間から南西に出てきた出城を落としていく。
二つ位の実弾部隊が釣瓶打ちの様に繰り出され、着弾と同時に
出城を吹き飛ばす。気がつけば南西①から③までは平定していた。
その後も復活組を見つけては叩き、叩いては見つけを繰り返していた。
夜になり、鬼の数も増え、さてどうしたものかと話していた時、

「敵襲!!」

伝令の声が響いた。
見れば、菜種殿の城の真下に付けた陣からだった。
少し、悩んでから防衛隊に準備を命じ成り行きを見守る。

「着弾!!我が方の部隊、吹き飛びました!!」

「おう…ひどいな。」

他で1部隊出ていたので中途半端に守ったためかなりの被害を受けた。
5合流での攻撃だった。ここから「戦国魂」対「菜種殿」の攻防が
繰り広げられるのだが、それはきっと菜種殿が書くだろう…。

その後南西の復活した城を攻撃するも流石に一撃で落ない城も出始め、
多少の苦労をしたが、なんとか南西は再び平穏を取り戻し、
儂らはひと時の休息を取るために自身の城へと戻っていった…。

*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――

二日目。

朝から前日同様復活組を叩くも、午後を待たずして叩く先がない。
しかし、他の方面に目を向ければまだまだ戦う相手に苦労はしない様子。
夫々が誘い合って西へ東へ相手を求めて彷徨う。
 皆が戦っている中、儂は少し戦場を離れていたが、夕刻前にLiuさんの
伝令が走り、急ぎ戦場へ戻ると、珍しく氏康公の影武者が出たとの事。
急ぎ早馬を走らせるように指示が飛び、儂も我が家の最速部隊を組み、
早馬を飛ばす!

「南東砦17か…」

南東に城のある、百鬼の仲間である誠貴殿のところの陣から飛ばしているので
20分強で到着した。どうも儂が一番乗りらしい。
そこで暫く百鬼の仲間が来るのを待つ。
20時の開始丁度に着弾するように剣豪だけを用意して。

3人、5人と集まってきたので、

「とりあえず、来てる人だけで剣豪行きましょうか。」

剣豪を用意し、20時ぴったりに着弾するように部隊を出す。

「スマセン><。1秒ずれました…」

ちょっとしくじって1秒ズレてしまったがこれはご愛嬌ということで
許していただいた。
その後、剣豪をもう一度送り出したところで、辺りには百鬼の仲間が
10人を越えていた。

「じゃあ、補欠に回ります!」

10人超えたのを見届けたLiu殿が補欠に回ると宣言したのを聞き、

「儂も諸用があって外します。あとはよろしく頼みます。」

とあとを皆に託し、戦場を離れた…。

1刻程、戦場から離れ再び百鬼の作戦会議所に顔を出す。

「どんな様子ですかな?」

「おお~、いいところに!」とLiu殿。

「??」

すっかり終わってまったり時間だと思って訪れたが
まだ終わっていなかったらしい。

「合流、さっき9だったのよ。残席あったとき乗って~」

「なるほど。承知いたした。」

本気の部隊を打ち込むということで、準備し待機する。

「出ました!本気部隊!!」掛け声がかかり、合流数が増える。
1・2・3・4…9。
9合流で暫く止まっている。
加速をいれても乗れなくなるギリギリで滑り込む。
しかし、様子を聞いているとなんだかおかしい…

「次、騎鉄?」
「騎鉄そろそろいよね。」
「じゃあ、次、騎鉄で!」

「え、今でしょ!」

騎鉄で乗った儂は思わず呟いた。
心の中では、

「おひおひ、既に儂の部隊騎鉄じゃよ…乗る前に教えてくだされ~」

事ここに至っては致し方ない。
送り出した部隊の無事帰還を祈った。

「着弾!」

「(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-半壊!!」
「よっしゃ~」

「回転、早めますよ!」ばんぶー殿の声が響く。

次々と準備され打ち出される百鬼の合流弾。
結果は半壊が出た負け判定の後、3連弾で天影武者討伐に成功した。

●影武者る1


「あ、煙出てるっw」
「陥落おめでーす」
「やった~~~」
「おちおめですう」

参加した武将もそうでない武将もそれぞれが喜んでいた。
銅銭も分配されたのを確認し、「天下券」を確認していた時、
予想もしない出来事が起こっていた…

「ワタシ 合流は2回だけ乗れましたよー 
 スマホなんでほとんど弾けれましたけどw」とcarズさん。

その横で、恵比寿さんが呟く…

「天下券、ないな…」

「え!!」×10

あたりがざわざわし始める。
天下券があるか、無いかの確認をする。

「儂は…」

「有る><。」

最初の剣豪攻撃に2度参加した。
それに最後の方の本気攻撃6発のうちに3つ乗ったからか。
『申し訳ないっ!!えびちゃん』心の中で謝っていると、


「2回の攻撃乗りで、天下券もらえちゃった…」

「え~~~~~」×12

「エビさん ゴメンナサイー(T T))」

まあ、恵比寿さんには次回、優先的に参戦してもらおう。

「じゃあ 申し訳ないから 今クジ引いて 飯ウマの提供を…」

「引いてしまおう」

「ポチ!」

●天下


空さんの「ざんねん」という声だけが周囲に広がっていった…
その裏では、今回ので天下券が3枚になったLiuさんも天上を引いていたが、
「福島正則」だったので誰も彼に声をかけることはなかった…

その後、兵が枯渇しそうだった儂は、南西攻略に向かう仲間に挨拶をし
現世での友の呼び出しに応じ、又、戦場を離れた。

山城の国 対北条家防衛戦 ~(獅子との戦い篇)につづく~


スポンサーサイト

<< 獅子たちの 痛い拳骨 鬼も泣く | ホーム | 刻が過ぎ 行き交う人々 散る桜  >>


コメント:

久々に北西出城が伸びてきたと思ったら
相模獅子皇会様御一行でした:(;゙゚'ω゚'):

同盟員全員囲まれて兵が全滅しかけましたが、楽しかったお~

↑楽しかったです~~♪完敗でしたが・・;;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。