プロフィール

上条 孤鷲斎 寿親

Author:上条 孤鷲斎 寿親
やあ、お久しぶりじゃの。
寄られたのならば
ゆっくりしていってくだされ。
こっそりと昔語りや戦話をやっている、戦国ixa21-24鯖 足利家の同盟 
百鬼夜行の爺の部屋ですじゃ。

基本、その時そのときの戦ネタですが、よければ一言残して頂きたい処ですぞ。それでは、よろしくお頼み申しますぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

総来訪者様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一廻り 廻ってみたら 怖い敵

織田戦か…

思い起こせば、織田家と我々百鬼夜行は、
様々な関わりがあった…
初代 百鬼夜行時代の【不撓不屈】との壮絶な盟主戦もそうだし、
すでに戦場では、縁の深くなった【赤母衣衆】とのせめぎ合い。
どれも今となっては懐かしく、百鬼の大切な歴史の一部だ…


そして、今回
今期世界最大の勢力を担う同盟の一角、
【千輪神楽】と我ら【百鬼夜行】との戦が行われようとしていた…


*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――

遡ること数日前…

「次の戦、どこだと思う!」

いつもの様に各地で情報収集に余念のないLiu殿が
百鬼神社内にある我々の指令室になっている部屋に飛び込んきた。

「一巡したしの、どこかの…」

伊達家との一戦で大分力の抜けていた儂は、
次回の戦の事をすっかり考えてはいなかった。

「織田家ですよ、織田家!【千輪神楽】来るでしょ!」

「そうか…そうなのか…。
 それは、来るじゃろう。」

「はっ、不味い、不味いぞ Liu殿。
 不在じゃないか、彼らが…」

「そうなんですよね…」

ふたりで顔を見合わす…
そうなのだ、今、百鬼を代表する廃様が数人、出向中なのだ。
これには理由がある。
長く足利家でご一緒した仲間でもある「もんきち」殿が、
今回隠居されることが判っていたからなのだ。
 
かつて【足利の狂犬】の異名をとる、じみへんっ殿と並びたち、
一戦撃破を競い合っていたほどの武将で、荒ぶる激しさを持ち
縦横に戦場を疾駆した猛者の隠居。
その最後を飾る引退仕合として、今回の戦が予定されていた。
かくいう儂も、このあと一時移籍し壮行仕合に参戦する予定であった。

「織田戦…となると、儂は出かけられませんな…」

「(^^;)」

盟主のばんぶー殿が不在がちの現在、
Liu殿に大いに働いてもらうためにも
儂程度のものでも居ないよりはまし。
何かの役にたてることもあろう。

「まあ、儂ではあの3人の露払いにもならんしの…」

もんきち殿の壮行仕合は任せて、
儂らは、対【千輪神楽】戦について思案を巡らせた…

対四羽サファリパーク戦の轍を踏むわけには行かんからのう…」

儂は、まるで昨日のように思い出される、
熱かった対四羽戦を思い出しながら、
同盟員の城に加勢陣をある程度貼ったあと、
Liu殿と二人、あの集まりの為「新宿」へと馬首を向けた。


*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――

戦国に集う各国の猛者とのこの宴の様子は主役の青亀殿と、
こちらの青亀殿の武録に譲るとして、集まった面々は戦場では
お目にかかりたく無い悪鬼羅刹の如き武将ばかり。



【四羽サファリパーク】からは 
盟主の 淳四狼殿を筆頭に,かつての世界最優秀武将 まっくす殿,
儂と同じ武録書きのライ殿 かつて別の名で敵を震撼させていた三隣亡殿に
この会の発起人である らふろい殿。
そして、同じ徳川家から、
【自由騎士】から 盟主の ぷちよぜーた殿 ,Uralowl殿、
さらにTHUG惡LIFE殿も見えていた。


われら足利家からは、
前回同様 儂とLiu殿。
更に今回は 【狂都大学】の盟主 桜花幻影殿 ,テス・メリオール殿の両人
【足利同盟】のジョージア殿

そして毛利家からは
【ʅ(╯⊙⊱⊙╰)ʃ】から 元四羽の六朝の泪殿と
かつて石透水殿といい我らの仲間でもあったeC3殿
 
北条家からは、■■HRSP■■ の 風魔ェ小太郎殿。
この同盟は儂も少しお邪魔したことがある前期のHEROESと
最上2324のKAMIKAZEが合弁した恐ろしい処だ。

織田家からは、【下天夢幻】の 藤白神邪 殿
 
島津家からはなんと、
【グラジオラス】の盟主 黒焔殿が自らお出ましだった。

最後は今回の主役とも言える武将、青亀殿
以前お会いした時より更にイケメン度が増し、
これであれだけのデッキを
揃えていると思えば儂も軽く殺意を覚えるのも無理でわなかろう…

まあ、話題にも昇った天合成の結果等はこちらをご覧頂くとして
前回同様とても楽しい会だった。
企画してくださったらふろい殿には、ここだ改めて御礼申し上げたい。


この会ではいろいろなことが話されていたが、
来期のことなどまだ秘密のことも多く、今ここでは述べられないが、
少しだけ…
前回参加した際、「いくさにゃん刀」の禅譲をうけた、
Bigthe武道殿は都合で来られなかったが、
細心の二次元射影機を通じて会話した。

その時の様子では、彼らは新たに参入した東海の弓取りの家に
移籍するらしい。
すでに、ライ殿は自身の武録でも述べているが結局国は同じようだ。

それを聞きながら、

「我々はどうするか、真剣に考えねばな」

とぼんやりながら、馬に揺られていた儂は、ふっと
正気に戻り、

「いかん!それより明日の防衛戦じゃ!!」

馬に鞭を当て、孤鷲庵に急ぎ戻ることにした…

スポンサーサイト

<< 千輪の 神輿が楽しく やってきて | ホーム | 防衛戦 疾い風吹く 山城かな (var.吸)訂正版 >>


コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。