プロフィール

上条 孤鷲斎 寿親

Author:上条 孤鷲斎 寿親
やあ、お久しぶりじゃの。
寄られたのならば
ゆっくりしていってくだされ。
こっそりと昔語りや戦話をやっている、戦国ixa21-24鯖 足利家の同盟 
百鬼夜行の爺の部屋ですじゃ。

基本、その時そのときの戦ネタですが、よければ一言残して頂きたい処ですぞ。それでは、よろしくお頼み申しますぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

総来訪者様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコ狙い? 抑制しながら 戦えぬ

「兵を損ね無いように。」 か…

北条戦の戦い方について盟主のばんぶー殿から、
そのような主旨が書かれた書状が早馬によって皆に届けられた。

書状を読み終えて、前回の戦を思い出した…

確かにのぅ…織田戦はやり過ぎだった。
盟主戦や一騎打ち等、とても愉しくやれたが、
言われるまでもなく兵は今回戦えるぎりぎりだった。
出来るならば儂も今回は「エコ」に徹した方が良いと思う。
が、そう思った瞬間に、鬼の面々を思い出した。

「戦鬼」 と呼ばれる程、常に戦場に立ち続ける漢、「Liu」殿や、
前回の一騎打ちで「宵越しの兵は持たない漢」として更に名を轟かせた、
「虎次郎」殿等 ぷろいくさーは百鬼には数多いる。

それらの面々が、果たして「エコ」が可能なのか、
正直 儂には自信が無かった。
そして、たまたま隣にいた百鬼の「足利の老紳士」の異名を持つ、
「空」 殿に無言で視線を送ると、
頭を振っている。

「まあ、無理だろうな…多少は抑えるかもしれないか…」

儂は、もう考えない事にした。
どう考えても、なる様にしかならないだろう…。

*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――

合戦は、既に一人で抜ける城も少ない事もあり、
初日の開戦直後から皆で合流弾を打ち込む。
百鬼の作戦会議室で数人の参加可能な武将が居れば直ぐに攻略に懸かる。
内部で皆に告知すると、着弾までには殆どが10合流弾になる。
このあたりは既に鬼たちのなかでは阿吽の呼吸ともなっていた。
釣瓶の様に一つが着弾し帰陣にかかれば、
替わりにもう一つの部隊が攻撃に出る。
時間を考慮すれば、全てに参戦するには、
3つの部隊が必要になるだろうか。

合流中心に、順調に激しい形に成らない様に進めていた…。

がしかし、案の定というか、
激しい戦に突入する羽目になってしまった。
まあ、お相手いただいているのは、
北条家筆頭同盟「相模獅子皇会」 儂もかつて草鞋を脱いだ、
ホリック殿を中心に纏まった素晴しい同盟だ。
そこに今期はかつて王国を誇った頃の毛利家で
武を張った 青代償殿率いる強同盟「毛魂」の方々が加わっているのだ。
簡単に行くわけがない。

その激しい戦いに引きずり込まれた出城は、
始めから青白く、妖しい雰囲気を纏っていた。
周りの城はほとんどが無血開城。
しかも城主は、青代償殿と地雷臭が漂いまくりだ。

「此処、危ない匂いが物凄く漂ってるけど…」

「気にせずいこー」

盟主が不在でだれも止めない。
周りの城も片付けず、周囲の陣も潰さないで、只只、特攻。
中盤までであれば絶対にこんなことはしない。
しかし、今回は儂も気にせずにそれに乗ることにした。

結果は、ある意味簡単な盟主戦の様相を呈していた。
落とせても落とせなくてもいいという感覚で打ち続けていた。

かなりの数の兵を損じ、漸く陥落。
まったくエコじゃない出城攻略となった。

「うーん、盟主に皆怒られるぞ…」

「………」

「仕方ないか…楽しかったからいいかの」

「まあ、こんなもんならねえ^^」

確かにこんなもんなら、まだ良かったかもしれない。
こんなもんで終わらなかったことが恐ろしいのだ。

このあとも復活し、地雷となった城に狂ったように突撃を
繰り返し、結局落とせないなど、「エコ」などどこ吹く風の
攻激を繰り返した。

そしてその隙に、盟主の城周辺の陣をいくつか落とされ、
なんと攻撃まで頂戴する始末。
まったく締まらない話だ。

急ぎ、切り込んできた陣への攻撃を考えていたところ、
現在、遠い亜米利加国にて時差と戦いながら僅かな時間、
そうまるで刹那の刻のみ参戦している「入道」殿の部隊が
その武将に襲いかかる。
負けても、負けても執拗に攻撃を繰り返す。
正に、その姿は水滸伝に出てくる花和尚 魯智深のようだった。

「では、儂も…」

「入道」殿の突撃を見ながら儂は高速部隊を飛ばし、
その相手の出城の前まで詰め寄る。そして一気に出城攻略へ。
そして、入道ちゃんのおかげで無事にその敵の出城を沈黙させる
事に成功した。
 正に、日米で時・場所を越えた連携で
盟主周辺を守ったということだろう。

その後、恥ずかしがる入道ちゃんと僅かだが確かに会話を交わし別れた。

結果、この攻撃以外に盟主城は攻められることなく終戦を迎える
ことが出来た。
そして、結局「エコ」などという言葉とは全く無縁の防衛戦となった…

「次は徳川戦なのに…不味い、不味いぞ…」

残った兵と蔵に残った資源を省みて、絶望的な状況になりながら
儂は終戦を迎えた…



足利家 山城国の防合戦 ~終幕~

同盟 ⅹ百鬼夜行ⅹ 足利家筆頭継続中! 今戦戦功346627!
(全国同盟中 上位五指入 継続中!)

[戦功]

筆頭 Liuさん
2位 ✿ゆう✿さん 
3位 デュランさん
7位 マリオさん
9位 陸遜さん
10位 虎次郎さん
12位 瑞樹さん
15位 爺。
18位 チェストナッツさん
22位 BAIENさん
29位 BEさん

30位以内のみ掲載。11/30が百鬼夜行の鬼たちでした。
尚、今回の活躍武将には、✿ゆう✿ 殿が選ばれております。
✿ゆう✿殿は戦功優秀を評して『名誉補佐』として表彰されます。
連続記録更新中ですね!さすがです!!!
女傑という言葉がぴったりです。おめでとう(^▽^)ゴザイマース
スポンサーサイト

<< 再戦を 望んで向かう 三河かな。 | ホーム | 閑話休題 (来期の話) >>


コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。