プロフィール

上条 孤鷲斎 寿親

Author:上条 孤鷲斎 寿親
やあ、お久しぶりじゃの。
寄られたのならば
ゆっくりしていってくだされ。
こっそりと昔語りや戦話をやっている、戦国ixa21-24鯖 足利家の同盟 
百鬼夜行の爺の部屋ですじゃ。

基本、その時そのときの戦ネタですが、よければ一言残して頂きたい処ですぞ。それでは、よろしくお頼み申しますぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

総来訪者様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再戦を 望んで向かう 三河かな。


「今回は前回よりは意地を見せたい所だが…」

対徳川攻略戦が決まった時に湧き出て来た思いが、
叶うかもしれない。

それは百鬼夜行の作戦本部とも言える百鬼神社の境内に続く山道を、
新たに鬼の仮面を被った猛者が、続々と登ってくるのが見えたから…。

今の足利家の結束は強い。
永く一緒の国にいただけではない、「何か」がある。
それは間違いない。

今回もそうだ。
「百鬼」と「四羽」…
好敵手たらんと願いながら、そこにたどり着くのすら至難の猛獣達の軍団。
前回も何とか一矢報いたいと願いながら手が届かなかったが、
今回、我々に黙って手を差し延べてくれた足利の仲間達。
それでも人数は届かなかったが、

「これならばもしや…」

と思える面々が集ってくれた。

百鬼神社内で一同が会し、それぞれが挨拶を交わした。
儂はすでに顔なじみの武将がほとんどだが、百鬼内の武将では
初めての者もいて正に百花繚乱。
合戦前というのにあちこちで談笑が起こっていた。

「でわ、…」

今現在様々な理由で全力で戦場を奔ることができないでいる、
ばんぶー殿が、万難を排し、対四羽戦の指揮を取る事を宣言した。

かつて百鬼の「深淵」と謳われたばんぶーから戦略が説明され、
自ずと百鬼全体も盛り上がり、前日の会議を終えた。

皆、散会し明日の準備に余念は無い。
儂も陣貼りのための部隊を確認し、
段上げなどの日々の作業を終えてから休む事にした。

*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――

陣貼り当日。
開戦と同時に飛び出す鬼たち。
出城周辺にも防衛陣を展開しつつ目指すのは、
この世界最強同盟「四羽サファリパーク」盟主の城。

皆、狂ったように寄せ始める。
儂も最速部隊を送り、城の左斜め上を奪取。
すかさず陣の段上げも行う。
更に、各同盟員の城へも早馬を飛ばす。
この同盟には動かれると面倒な武将が多すぎる。
農民宣言しながらも下手なランカーよりも面倒な「合コン大将」や
来期の話題を振りまいている「Bigthe武道」殿、それに…
もう枚挙に暇がない。
儂も、可能な限り馬を飛ばし明日に備えた。
皆、かなりの数の陣を貼り終えこの日は早々に帰城し休むことに。

「明日は、朝から大変そうじゃな…」

*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――

合戦初日
朝一番からばんぶー殿が陣頭に立ち軍配を振る。
先ずは味方の戦力が整うまで「四鳳殿」の西側の死守をしながら、
各自、可能な限り合流で四羽側の戦力を削る。
陣を奪ったり、奪わりたり地雷陣で敵襲を跳ね飛ばしたりと
目も回る忙しさ。
攻防の間隙を縫って四羽側の有力武将の本領を落としたり、
狙っていた城の横の陣を吹き飛ばされたりと
初日で兵も枯渇するかと思うほどの勢いだった。
なんとか本殿へ一矢報いようと足掻いたが、
ここに来て明日の為にも貴重な兵を無駄にしない様、
自制することとした。
既にここまでで我々はかなりの兵を損じ、疲弊していた。
儂も、昼間不在の間を狙って落とした武道殿に戦場に戻られた後、
激烈に痛いしっぺ返しを喰らったりして散々であったし。

そして更に初日の終戦間際には、
隙を狙って攻撃しようと思っていた
「ツカサD」殿の横の陣で「淳四狼」殿の攻撃を受ける。

これは気がつけば既に着弾間近。
慌てて部隊を配置するが、間に合わない。

「あう…」

■淳さんD①



剣豪だったために陥落は免れたが、直ぐに第二弾の攻撃部隊が
こちらに向かっているのが見えた。

「いかん!あれは本気の部隊!急ぎ防衛部隊を展開せい!!」

本来ならば受けねば良い攻撃だと思ったが、
終戦前約20分、ここで配下の部将が負傷しても問題は無い。
折角、この世界有数の武将と戦場でまみえたのだ。
多少の意地を見せよう。
攻撃部隊は当然1部隊。しかしこちらはコストいっぱいに守っても
守りきれるかどうか。遠慮なくフルコスト配置する。

「着弾!!」

■淳さんD②



「 陣、残っています!!」

酷い攻撃力だ…こちらが全力で守って漸く持ちこたえる程の。
辛勝にほっとし、気を緩めていると
更に次の攻撃部隊の出撃を知らせる法螺貝が鳴り響く。

「遠慮ないのう…それでこそ、淳四狼殿じゃやがの」

急ぎ減った兵・矢弾を補給し、前線に送り込む。
儂の防衛隊の一軍が負傷したら耐えられなだろう。

■淳さんD③


「着弾、さらに次も来ています!」

2つ目もギリギリで耐えたが、既に陣の中は青色吐息。
相手が淳四狼殿でなければ撤退を選択していたかもしれない。

「次、次まで耐えられればなんとか…休戦まで、時間切れまで…」

そんなことを思いながら軍配を握り締める。
握った手は既に感覚が無い。

「着弾!!」

■淳さんD④



「陣、陣が残っています!!
    次弾、来ていません!!!」

気がつけば全身が汗まみれ。

「疲れた…本当に…
 最後に今の「四鳳殿」の様子だけ見て休もう…」

見渡してみれば、まだなんとか囲みの陣は残っている。

■淳さんち



「なんとか、望みは繋げたかの。」

しかし、既に儂には盟主戦を行える程の兵の余裕は無くなっていた…



スポンサーサイト

<< 再戦を 望んで向かう 三河かな。(二日目)大幅加筆版 | ホーム | エコ狙い? 抑制しながら 戦えぬ >>


コメント:

ワクワクする~

爺様、続きを!
気になって夜も眠れませんw

こんばわー!
同じく続きをっ!w
更新されてないか今日だけで結構見ちゃってます(∀`*ゞ)

楽しみ~( ゚∀゚)o彡°

お返事。

>>五九さん
北条もなくなっちゃうね^^どうしるの?
そっちのほうが気になる~

>>うずっち
しってるじゃーん

>>桜花さん
人を送り出してくれただけでありがたかったです
来季もたのしくやりましょうねえ

>>LAさん
 来期は一緒に人参作りましょう^^きっとうまく
育ちますよ



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。