プロフィール

上条 孤鷲斎 寿親

Author:上条 孤鷲斎 寿親
やあ、お久しぶりじゃの。
寄られたのならば
ゆっくりしていってくだされ。
こっそりと昔語りや戦話をやっている、戦国ixa21-24鯖 足利家の同盟 
百鬼夜行の爺の部屋ですじゃ。

基本、その時そのときの戦ネタですが、よければ一言残して頂きたい処ですぞ。それでは、よろしくお頼み申しますぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

総来訪者様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対、北条 防衛戦始末記

今回は北条家との防衛戦であったが、どうにも気持ちが
のってこないんじゃ。
というのも、前回から続いている当家の長宗我部元親に追加した能力、
義兵進軍が8段階から全くあがらんのじゃ!!
かれこれ、60回以上、金を使って挑んでいるんじゃが、ここまで
くると上がる気がせんのう。
期待値では金1000で1つは上がるはずじゃが、おかしいのう。
皆の意見を元に様々な方法を試しているんじゃが…

それはそれ。今回の戦を振りかえってみようかの。
防衛戦ということもあり、準備期間は各々同盟の仲間の近くに
陣を作る作業じゃ。毎回思うがこれも骨の折れる作業じゃのう。
いつも必ず対応している盟主 蕃風殿やさばちゃ殿、ご苦労様ですのう。

初日、爺は月末ということもあり、皆との北西1砦掃討戦には参加出来ず、
活躍を見守るだけでありましたのう。
盟主 蕃風殿より直々に敵筆頭を攻める際、「参戦しないか」と言う書状を
頂戴したにもかかわらず、爺は自転車をこいでおったわ。
誠に残念でありましたのう。
爺は、一人ちょろちょろと敵出城を陥落させては現世の仕事をし、
又戻ってはちょっかいを出しという感じで一日目は終了じゃ。
皆は大分がんばって北西1は殆ど灰燼に帰していたようじゃの。流石じゃ。

2日目、爺は昨日と同じ状況下、少し活動、少し仕事の中、1日目に落した
城が復活していたで、再度落としに向かったときにそれは起こったんじゃ。
相手の城名が「ちょっと時間くれない?」と変ったんじゃ。
相手が村を攻めていたのは判っていたので落とし終わるのを待ってから、
爺の部隊を打ち込んだんじゃが、どうも他にも出していたようじゃ。
武士の情けで、2つめ、3つめを止め、止まらなかった1つ目を受けない様、
陣名で指示したんじゃが、なんとその1つ目で落ちてしまったんじゃ。
申し訳なかったのう。しかし、その後何回か書状のやり取りをしたが、
ギリギリで相手も村を焼けたようじゃ。戦功が離れていなければ無視した処
ではあるが、今回はまあ良しとするかの。
そうそう、電光の付与、諦めず頑張ってくだされよ、孫五九どの!

その後、少し覗いた時に、盟友の大魔王改殿に呼び出され、出城掃討戦に、
爺も加わったんじゃ。魔王殿の指揮の下、合計で10城弱は落としたかのう。
見事な指揮振りでしたぞ、魔王殿。

夜は夜でまた昼、爺にあった様なことが、合流中に起こったわ。
今度は、城の名前が「あと一時間まってくれ」になったんじゃ。
合流中の皆と協議の結果、理由を聞いてみようということで爺が書状を
送ったところ、「現在99位で、もう少し攻めて100位内を確定したい」
との事。ここも武士の情けで、都合が良くなったら連絡をもらうことにし、
他へ転戦、そしていくつか城を落とした後、件の彼から書状が来たので、
残っていた仲間と合流、無事陥落させて決着じゃ。
100位以内に入れたかな?侍忍者腹切富士山殿。
その間、防衛値を稼ぎたいと言っていた雪殿も、しっかり稼いでくじ券を
見事とられていましたな、皆、夫々めでたい終戦となりましたな。

対北条防衛戦順位
【個人戦功】(30位以内)
1位 バンブーアイランド殿
5位 carズ殿
9位 爺
11位 チャオズ高崎殿
12位 さばちゃ殿
13位 宇佐美 啓殿
21位 足利 義近殿
スポンサーサイト

<< 勝手に異名を付けてしまうぞ。 | ホーム | 伊達戦、終了。 >>


コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。