プロフィール

上条 孤鷲斎 寿親

Author:上条 孤鷲斎 寿親
やあ、お久しぶりじゃの。
寄られたのならば
ゆっくりしていってくだされ。
こっそりと昔語りや戦話をやっている、戦国ixa21-24鯖 足利家の同盟 
百鬼夜行の爺の部屋ですじゃ。

基本、その時そのときの戦ネタですが、よければ一言残して頂きたい処ですぞ。それでは、よろしくお頼み申しますぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

総来訪者様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島津 お気軽隊 対 百鬼夜行 盟主戦顛末…

更新を期待されている方もいらっしゃるとの事で、
初日の島津筆頭同盟 お気軽隊殿と我ら百鬼、盟主攻防戦を振り返って
みようかの。

対戦が決まってから割りと早い時間から盟主の周りにお気軽隊殿の
猛者が陣を張り始めたんじゃ。その時、戦場にいたのは盟主 蕃風を
含めさばちゃ殿、沙羅殿の3名のみ。爺もおりましたが、少々城が
離れておりますので爺最速部隊で盟主の傍に陣張りに行きましたぞ。
その間約50分、先の三人で防衛陣を敷いてくれておりました。
ご苦労様でしたのう。感謝しておりますぞ。
爺も盟主近くに陣を張り、直ぐに防衛線を張り始めましたが、
お気軽隊殿と被ることといったらこれまでの比ではないわい。
どれだけの武将が城攻めに来ているか見当もつかないほどでありましたの。
まあ、決戦は明日と思い定めて、爺も百鬼の皆のところに陣張りに行き、
準備期間は終了じゃ。

初日、何時盟主攻めが始まるかびくびくしながら戦功稼ぎをしておったが
足利家では、あまり活動的な方がおらず、戦功1位が、盟主 蕃風殿、
2位が爺という状態がしばらく続いておりましたわ。
暫くそのままの状態が続き、囲まれても攻められることが無かったゆえ、
このままお気楽隊殿も来ないかと思っていた直ぐ傍で、前兆は
起きていたんじゃ。

それは、盟主戦の前哨戦とばかりに音も無く静かに始まっていたんじゃ。
敵の出城近くにあった、沙羅殿の城「プードル」に水が染み込むが如く、
敵襲が一気に来ていたんじゃ。
防ぎながら、攻撃に出る我ら百鬼の面々。
必死に押し引きを繰り返しておりましたが、最後は、数に圧倒され
陥落してしまったんじゃ。
沙羅殿…無念ですじゃ。申し訳ありませんのう。

その後、盟主周辺での陣の取り合いは有ったものの、小康状態を経て、
爺も帰宅。爺の館に帰宅し、電脳箱を開いたところ、

同盟通信に「お気軽隊殿より敵襲有り」との盟主よりの連絡が入って来たんじゃ。

急ぎ、会話版に入り様子を聞いてみたところ、矢継ぎ早に敵襲が来ているとの事。
着弾は約23時きっかり位の数字。流石、お気軽隊殿、始まりも決め撃ちして
おられたのでしょうかの。

ここで、本来の姿としては報告書を貼り付けていくべきでしょうが、爺に
そんな時間はございません。数字だけ羅列させていただきますぞ。
初弾から、最後まで以下のとおりじゃ。


盟主戦

挨拶を除いて合計28回の合流攻撃。更にその他に周辺の陣への攻撃、
加勢を送って不在の城主への攻撃と、澱みの無い統制のとれた動きは流石、
22鯖最強と謳われるお気軽隊殿といったところじゃの。
以前、毛利の兎亀団殿との一戦を見て、爺もこの様な戦に
一度は身を置きたいものじゃと思っておったが、
実際に始まってみると中々痺れるものじゃの。
まあ、盟主の蕃風殿はもっと痺れておったと思うがの。


実情を言えば、盟主戦が始まった際、我ら側には爺を含めて、
活動できるものが盟主含めて4,5名しかおらんかったんじゃ。
百鬼の誇る、龍鬼神も盟主以外は盟主戦に参戦しておらなんだし、
補佐のさばちゃ殿は大切な局面で寝落ちしておるし、
本当に生きた心地のしない戦であったわ。
そんな中、救援に来てくださった、足利同盟殿や他の有志の方々、
大変心強く思いましたぞ。爺は本当に感謝しております。
足利の姫や爺殿等が、来期が敵になると思うと寂しいですのう。


百鬼の皆と最後(まだ次も有りますがの)に大いくさに参戦できて
爺は本当に幸せでございました。
元々、22鯖が本来の世界で無い、21の各国で盟主・補佐・役員を
なされている素晴らしい方々に多く参画頂き、百鬼は今の形を
維持しておりました。

ここから始めた盟主や爺などをご指導いただいた方も多く、
本当に感謝しております。袂を分かち、それぞれの国で
今度は敵になるやも知れませんが、


これからも、よろしくだお!


青亀殿の真似をしてみましたが、やはり爺にはにあわんの。
とりあえず、今日はここまでじゃ。


スポンサーサイト

<< 攻防の彼方に(盟主戦小説風読み物) | ホーム | 対、島津戦(第35回戦) 始まる… >>


コメント:

今更みつけてしまいました

初めまして、足利同盟の姫香です
私も肝心なところで寝落ちしてしまい、あまり掩護できませんでした。ごめんなさい。
以前の伊達戦で全力で支援していただき、足利同盟としてもいつか義理を果たさなければと思っていたところ、今回その機会を得、わずかながらお手伝いできたと皆喜んでいます。
統合後はともかく、残り1戦、有終の美を飾りましょう♪

Re: 今更みつけてしまいました

> 初めまして、足利同盟の姫香です
> 私も肝心なところで寝落ちしてしまい、あまり掩護できませんでした。ごめんなさい。
> 以前の伊達戦で全力で支援していただき、足利同盟としてもいつか義理を果たさなければと思っていたところ、今回その機会を得、わずかながらお手伝いできたと皆喜んでいます。
> 統合後はともかく、残り1戦、有終の美を飾りましょう♪

おお、これは姫様、よくまいられました。
絡む機会は少のうございましたが、良く存じ上げておりますぞ。
我々百鬼と足利同盟が同じ同盟でありましたらきっと足利家は
もっと盛り上がりましたでしょうな。
兎に角あと少し、頑張りましょうぞ

コメントを頂きかたじけのうござる。
これは見事な盟主防衛戦、眼福でござりました。

つきましては、我が瓦版にてご紹介させていただいてもよろしいでしょうか?
また願わくば(今更ではございますが)私も接続させていただければ幸いです。
(色々なお客人が来訪するようになる可能性がございますので、
御慎重にご判断いただければと思います)

お疲れ様でございました!

Re: タイトルなし

ありがとう御座います。
それでわ、よろしくだお!!

やはり、爺にはしっくりこんのう。

すごい戦いでしたね

すごい闘いでしたね。
一時はどうなるかと思いましたが、
お気軽を撤退させるとは、
さすが足利国が誇る筆頭同盟です。
機会があれば、百鬼夜行と足利同盟合同で大同盟を攻略したいものです。
足利同盟 fusosan

Re: すごい戦いでしたね

これはこれはfusosan殿。
この度は足利同盟皆様の援護射撃大変ありがたく
感じておりました。
改めて御礼申し上げます。
足利同盟殿にはなにか近いものを感じておりました。
ご一緒しても良いのかなと思う時もございました。
最後まであと少し。足利の名誉の為にも
是非、何かやりたいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。