プロフィール

上条 孤鷲斎 寿親

Author:上条 孤鷲斎 寿親
やあ、お久しぶりじゃの。
寄られたのならば
ゆっくりしていってくだされ。
こっそりと昔語りや戦話をやっている、戦国ixa21-24鯖 足利家の同盟 
百鬼夜行の爺の部屋ですじゃ。

基本、その時そのときの戦ネタですが、よければ一言残して頂きたい処ですぞ。それでは、よろしくお頼み申しますぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

総来訪者様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 戦雲の刻、遥か(対織武 盟主戦 小説風読み物)

「来ましたな。やはり真田六文銭♪です。」

「挨拶か?」

攻撃の結果を見て、少し考えを巡らせている様子の蕃風。
このあと本格的に来るでしょう。皆、覚悟を決めて下さい。
5合流程度の攻撃から始まり段々間隔が詰まってくる。
その繰り出してくる時間は前回のお気軽隊よりも早かった。

「危ないかもしれない…今のうちに皆さん、再度加勢を送ってください」
皆にもう一度加勢依頼の飛脚が跳んだ。

「!!!」

繰り返し寄せてくる攻撃に変化が表れた瞬間、
蕃風の声にならない声が辺りに響いた。

武田の真田六文銭♪ではなく、織田の同盟 三英傑の一人からの
攻撃が混ざったからだ。
それを見た百鬼の黄班(=虎の意味)と呼ばれた義近殿が

「これは打ち合わせの上なのか!?でないなら美しく無い。」

相手のことゆえ、深意は判らないが義近殿の気持ちは皆理解していた。
以前織田家と連合の戦で最後に、戦功のみ掠め取られた者が百鬼にも
大魔王改殿や宇佐美殿など多くいたからだ。
しかし、そんなことに構ってられない程、状況は切迫してきていた。

「次、加勢剥がれます」

その声を聞いた直後、初期の加勢武将が一気に倒れた。
息を呑む百鬼の面々。

「沙羅さん、加勢をお願いします」

「おK」

簡単なやり取りのあと、沙羅殿からの加勢が一気に走り込んだ。
それを契機に、蕃風の声が響く。

「各々、周りの陣に突撃!」

待ってましたとばかりに攻撃に打って出る百鬼の猛者達

「さあ、ぬっころすですぅ」
「美しくね」
「><ノ」

それぞれが一気に敵陣に襲い掛かる。

この間一時的に、盟主部隊も攻撃に打って出ていた。
要するに、攻められている城を無人にしたのだ。
攻められる前であれば、三国時代の天才軍師 諸葛亮によって自らの
知名度を利用した、「空城の計」が採られた取られた事例は知られているが、
雲霞の如く攻撃軍が襲い掛かって来ている最中に全く城を空けての攻撃は
前代見ものだ。
当然、この間の報告書は敵兵被害なし、防御側被害なしとなっていた。

「このまま、凌ぎきりましょう。」
「おう!」
「^^ノ」
「はいですぅ」

「次着弾最後です。」
皆が、最後の着弾を固唾を呑んで見守った。

「守りきった…」
「おー!!」
「やったですぅ」
「よかった。」

確かに、前回のように全てが勝利だったわけでは無い。
夫々が自分の所領を蹂躙され、村を焼かれ、城を落とされと
口惜しいことも多くあった。
しかし、大殿や他の盟主が次々と陥落する中、我々百鬼夜行は一度も
盟主を落とされることなく報酬確定戦まで戦いきったのだ。

足利家は確かに滅亡した(する)。ただ、まだ我々は生きている。
今回の戦も含めた、足利家で戦雲の刻に身を置いたことを胸に抱き、
終わりのない遥かな先に向かって歩いていこう…

百鬼の面々と共に。



~本編終劇~

外伝、爺、盟主戦のその横でに続く…

かも。
スポンサーサイト

<< 決戦前夜 ~百鬼繚乱~ | ホーム | 戦雲の刻、遥か(対織武 盟主戦 小説風読み物) >>


コメント:

初めまして!!今回はお相手ありがとうございましたm(__)m
多分無理だけど祭りしようぜとゆーことで盟主戦させてもらいました∧∧
外チャトラブルで開戦が遅くなりましたが面白かったです♪
1つ補足ですが織田の方は兵を消費したいとの書状を頂き、ハイエナではないので!!!!

neo殿ご訪問感謝いたししますぞ

こちらこそありがとうございました。
2週連続楽しませて(ひやひやさせて)いただきました。
又、織田方の件、内情を教えていただききありがとうございました。
次回の外伝にて、触れておきたいと思います。
ぜひ、又およりくだされ。

お疲れ様でした

合戦・ブログ更新お疲れ様です

前戦で消耗した兵が戻らず7割程度で開戦、織田・武田の強敵への対応で消耗し盟主戦開始時に残兵50k程でした
本当に厳しい戦いでした(総合今回119万・前回100万が物語ってます)

前回対戦頂いたお気軽隊さん、今回の真田六文銭♪さん、楽しい戦いをありがとうございました

流石は百鬼様

やはり百鬼様の同盟全体の連携には感服仕ります。
「不沈空母」の異名にふさわしいです。^^
来期に機会があればお邪魔致します。^^/

あ、おかげさまで島津で総合27位でした。^^
天上で上杉景勝引けました。
これも上条 寿虎様の祈りの成果ですね^^
ありがとうございました。

合戦お疲れ様です♪(←いまさら
僕は21・22で天下一枚ずつでした^^
21の天下くじでなんと!上杉謙信が出ました!
これも上杉寿虎様の(ry
ありがとうごぜぇやすm(__)m



追伸:※ちなみに極のほうですw釣られた人は書状送って下さいw銅銭1がもらえますよw

おお、良く参られました。

島津で総合27位!凄いですのう。
あれだけの国で…
天上からの景勝公、十分勝ちですな。
ぜひ、戦で活躍させてくだされ。
当家以外との戦でおねがいしますがの。

ようこそ!福千代殿

謙信公、なんとうらやましい!
あの美しいお顔はixa史上一番と爺は思っておりますぞ。
あのお方が自分の元にあることに感謝しながら戦に
励みましょうぞ。
その昔、爺は初めて引いた極信長を売って、
謙信公買いましたぞ。
あとで後悔しましたがの…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。