プロフィール

上条 孤鷲斎 寿親

Author:上条 孤鷲斎 寿親
やあ、お久しぶりじゃの。
寄られたのならば
ゆっくりしていってくだされ。
こっそりと昔語りや戦話をやっている、戦国ixa21-24鯖 足利家の同盟 
百鬼夜行の爺の部屋ですじゃ。

基本、その時そのときの戦ネタですが、よければ一言残して頂きたい処ですぞ。それでは、よろしくお頼み申しますぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

総来訪者様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22戦国武将譚~兵どもが夢のあと~

さて、長かった22世界での戦も漸く終了したわけじゃが、
全体の総括としては
混戦で面白い世界であったのではないかと思いますのう。
途中仕様変更があったために、
足利家が筆頭勢力になってしまうという事があった事と、
統合までに時間がかかったこと以外は概ね良好な世界であったと
思いますが、皆様はいかでしたかの?
まあ、爺の感想はさておき、
百鬼夜行の盟主にして、22全体の総合も1位でありました、
バンブーアイランド殿(以下蕃風殿)をお迎えして、
各国の武将譚などを語らってまいりましょうかの。

では、蕃風殿、どうぞ。

「こんにちは。バンブーアイランドです。皆様、お疲れ様でした。」

お疲れ様でした。いやまったく、大変なご活躍でしたのう。

「いえ、これも対戦国の皆様や所属した足利家の同僚、
 そして 百鬼夜行の皆様のおかげだと感謝しております。」

この鯖からixaを始められた訳ですが最初から1位を目指しておられたんでしょうか?

「決してそんな。ただ、私は負けず嫌いなので、
 負けないように工夫を重ねていっただけです。」

流石、驕らないのぅ。蕃風殿の事は、後ほど爺が語りましょうかの。
では、早速、各国の武将についてご意見をいただけますかな?


先ず、今回の戦で筆頭勢力となった、島津家からいきましょうかの。

「島津家といえば、先ず上がるのが、我々百鬼とも死闘を繰り広げた、
 お気軽隊を纏め上げ、最強同盟を作り上げた楓花殿でしょうか。
 その人望は全体にも及ぶほどの方ですね。」

なるほど。確かに礼儀正しくよい方でありましたね。
異名を爺がつけるとすれば、「島津の及時雨」とでも呼びましょうかの。

「更に、まくまっく殿も上げておきたいですね。全体総合・防御・戦功上位者という
 トータルプレーヤーでありながら、少数精鋭同盟の軍師も務められた実力者です。」

 おう、まくまっく殿は爺も存じ上げておりますぞ。
確かに目覚しいご活躍をされておられましたな。
差し詰め神機軍師とでもしましょうか。 
更に爺としてはHAYATE殿なども上げておきたいと思いますのう。
 島津家の方は全体的に百鬼の面々に好意的であったと思うのは爺だけかですかの?


 では、次は毛利家でお願いできますかな。
「はい。ここは何をおいても青亀殿ではないでしょうか。
 この鯖のixaの盛り上がりのいくらかは青亀殿のお蔭でしょう。」

確かに…。情報戦での活躍は類を比類ありませんのう。
さんざん爺も楽しませて頂きましたわ。感謝の意味もこめて、青亀殿には、★★★。
これだけの有名人だと異名を付けるのも躊躇われますので星を3つ差し上げましょうぞ。

「もう一人、上げておきましょうか、雄秀殿ですね。
 青亀殿の兎亀団とあの人数で対等に争うほどの同盟を率いた猛者です。」

う~ん。確かに。しかも最後に天上くじからYさんを引くという、
離れ業までこなしておりましたしの。
で、異名は毛利の小旋風。どうですかな?

 又、青二斎殿のかわら版は爺は観察しておりましたので親近感がござるし
百鬼の同盟内では「イカが来た~」等と恐れられていた愛洲移香斎殿や
老帥殿なども爺の戦いの記憶に残っておりますな。


次は…足利家が3着だったので飛ばして、織田家ですな。因縁の深い相手ですが…

「織田家では、ラッパ帝国さんではないでしょうか?全体戦功も2位ですし、
 居留守対策で攻城兵器を少しずつ出兵する等慎重な戦術を好む方です。
 更に防御に対する意識も高く総合も全国トップ10に入る猛者です。」

爺的には意外な感じがしますが確かに玄人好みの武将ですな。
戦功の取り方や慎重な様子を想像させる、絆の行者(≒修験者)でいきましょうかの。
 爺は、ラッパ帝国殿の同じ戦国kizunaの盟主、賞金魔王殿にも思い出がありますぞ。
たしか、六文戦♪との盟主戦の最中、爺の城に攻めて来られましたが、
ワシが盟主戦の加勢中と判ると都合付くまで待つと仰って下さいましたなあ。
あの時は少し感動しましたぞ。
 又、因縁浅からぬ全国統一本部のChiffon殿も速攻部隊を操り、
読み合いで爺の迎撃槍部隊を弓騎馬隊で木っ端微塵にしてくれたりと今となってはまあ、
良い思い出に…
 なぞなるか!!まあ面白かったし良しますかの。


次は豊臣家ですね。

「豊臣では、トーリ丸殿でしょう。ご自身も戦功上位でもあります。
 更に特筆すべきはその統率力ですね。
 同盟のみならず豊臣家全体の運営を支えたお一人です。」

トーり丸殿の九蓮宝燈は確かあそこの同盟と合弁されるんでしたな。
来期もきっとご活躍のことでありましょうな。豊臣の麒麟児とでも致しましょうかの。


え~。まだまだ他国が残っておりますが、
長くなるので第2弾に続くことにさせていただきとうございます。
第2弾の際は百鬼の次節所属国も発表できると思いますので
よろしくお願いします。

それでは、蕃風殿、又次回もよろしくお願いいたします。

ゴホン、「え~。よろしくだお」

え~~~~~~~。


以下、第2弾につづく。乞うご期待。

*ここに登場願った武将以外にもたくさんの素晴らしい方が
いらっしゃったのは言うまでもございません。
儂が出てない!あの人が居ないのはなぜ?等も有るとは
思いますが、その点はご容赦くださいませ。
あくまでも、蕃風殿と爺の感想にございますからのう。


*一部、お名前に間違いがございました。
訂正させていただきましたが、大変失礼致しました。
老眼ゆえお許しくださいませ。^^
スポンサーサイト

<< 22戦国武将譚~兵どもが夢のあと~第2弾 | ホーム | 夢破れて山河あり~足利家百鬼の終焉~ >>


コメント:

初カキコお邪魔します^^
強豪同盟は意識的に避けていたので、今期では残念ながら絡む事は無かったですが、来期もし戦場でお会いしてしまったら、お手柔らかに宜しくお願いします!m(_ _)m

お恥ずかしながら

まさか私の名前が挙がるとは思っていませんでした!
とても光栄に思います
来期はのんびりとしたい(どうせ無理)と思っておりますので、よろしくお願いします^^w

名前って難しいよね!私だけか・・・

初めてコメントさせていただきます。
いつも楽しく読ませていただいております^^
私のような者の名前を載せていただき嬉しく思います。って思ったら名前間違えられてる・・・
いえ、いいのです、同じ同盟の方にもよく間違えられてますからw
改めまして老帥(ろうすい)です。老師じゃないですw
これからも瓦版、楽しみにしてます!来季もよろしくお願いしますね^^

すげー名前が出てるー
私の場合は私がすごいってよりは同盟員がすごいって感じでしょうが。
うちは空き巣ばっかやってますので、自分で異名つけるとするなら、毛利家の大泥棒ですかね。
来期は私生活を少し優先するので、今期より若干活動率は下がりますが、またここで名前が出るくらいに頑張りますぞー。

あ、うちにもリンク貼らして下さい☆

初めて書き込みをさせていただきます。
瓦版いつも楽しく読ませていただいております。
名前を挙げていただき、恥ずかしくもありますが非常に光栄です!
次期も続けていくつもりですので、お会いした際はよろしくお願いします。
また、すばらしい勝負ができることを楽しみにしております♪

私なども俎上に載せていただき恐縮です。
長いようであっという間でしたが、お疲れ様でした。
来期の総括にも登場できるように頑張ります^^

大変遅くなりましたが・・・ありがとうございます!!
名前を出していただけて本当に光栄です。

実は似た企画を考えていたのに先にやられてしまいました笑

今期も最後に名前を挙げていただけるように頑張ります!
というわけでよろしくだお^^ノシ

青亀殿!

ぜひ、青亀殿の回顧録やってくだされ!
購読者数が圧倒的に違うので盛り上がること
間違いなしですぞ!!

しかし、内政、大変ですのう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。