プロフィール

上条 孤鷲斎 寿親

Author:上条 孤鷲斎 寿親
やあ、お久しぶりじゃの。
寄られたのならば
ゆっくりしていってくだされ。
こっそりと昔語りや戦話をやっている、戦国ixa21-24鯖 足利家の同盟 
百鬼夜行の爺の部屋ですじゃ。

基本、その時そのときの戦ネタですが、よければ一言残して頂きたい処ですぞ。それでは、よろしくお頼み申しますぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

総来訪者様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対、島津防衛戦始末記(完成版)

今回も防衛戦か…

「是非もなし、防衛戦でも勝てる工夫をしましょうか。」

「おう。」
「あい。」
「ぬっころすですぅ」

それぞれの声が聞こえる。

開戦までそれぞれ兵を養い、陣を張り、合戦に備えることにし評議場をあとにした。



帰城する馬上で、対島津戦について思いを巡らせていた…

島津家…
はやて殿本人と彼の率いる、「薩摩北郷軍」の方々、
また、蕃風にも勝るとも劣らない、恐ろしい程の速度部隊を率いるケロロ殿。
他にも、ケロロ殿の所属する「ほんわか♨湯煙同盟」にはガトー殿なども居らるの。

「まったく、ほんわかではないのう…」

まあ、並々ならぬ面々の多い国じゃ。気を引き締めていかないといかんの。
そんな考えを巡らせていた儂の横を、

「爺様、こんばんわ。」
「じい、コンバンワ。」

そう言う声を残し、颯爽と横を通り過ぎて優衣殿とまみ太郎殿が駆け抜けていった。

若い芽が次から次へと伸びてきている…
そんな暖かい気持ちとまだまだ若い者には負けられん!
という思いが、儂の中で錯綜した…。


初日、われらの城のある北西地方は出城がほとんど伸びていなかった。

「ふぎゃー、北西2も埋まっていない」

そう叫んでいたのは稼ぎ頭の御一人、Liu殿だった。

「とりあえず、北西に来てくださった方々を歓迎しましょう。」

「北西終わったら南西いきましょう(・w・)b」といったのはまみ太郎殿だった。


今回の百鬼揚羽の作戦としては、稼ぎ頭の蕃風殿、liu殿、などには存分に働いていただき、
それ以外のその時動ける武将が、敵国の稼ぎ頭の足止めをしつつ、可能なら陥落させると
いたって普通といえば普通のものじゃった。
 しかし、それが誰かが言う事もなく皆の暗黙知となっている処が今の我らの強みだと
思えるところかの。


北西を開始から速攻で陥落させ、自領の安全を確保した後、
蕃風殿から皆に指示が飛んだ。

「南西3砦にあの方たちがいます。抑えに行きますよ」

その声を聞くと同時に、陣のあるものは準備を開始し、無いものは陣張りを始めた。
同時に、次に備えて南西4にも皆の足は向かっていた。

その間、北条政子殿が、気をつけなければならない処でやはり手痛い一撃を、
受けたという早馬が飛び込んできた。

「合流でつぶしましょう」

そこから一気に作戦が展開される事となった。

抑えなければならない敵上位陣をそれぞれ合流弾で潰していくことにしたのだ。
はやて殿をはじめ、単独で鬼神の働きをみせているぽん殿、
さきほども名前の挙がった「ほんわか」のシロッコ殿、ガトー殿、当然盟主のtwin殿など
手ごわい敵ばかり。作戦に当たる我らも気を引き締めてかからねばどんな事になるか…

しかし、今の百鬼揚羽はいつの時間も10合流弾が撃ちこめる程の武将ぞろい。
陣の確保さえできれば凡そどんなところとも互角には戦えるのではないかと
思える状況にある。それを生かして数をこなせば、あるいは防衛戦でも勝てるのでは?
とおもわせる雰囲気すら同盟内には満ちていた。

よっしーの号令ではやて殿達の薩摩北郷軍を個別撃破しつつ、
別の場所では、島津家2位同盟の「島津修羅烈火」の面々と戦い、
爺のかわら版を見ていて下さっているという、「島津傭兵隊」のガンダム殿とも殴り合いをし、
あとは、「ほんわか」の方々を抑えればというところまでなんとか持ち込んだ。

「陣張りに行く時も合流してください。近くに居る方、乗ってあげてくださいね」

蕃風の伝令が皆に届く。

そこまでか?と儂は思ったが実際にふたを開けてみると、それが正解だった。
一人で突っ込んで行ったら今の時期まだまだ大切な騎馬鉄砲部隊が吹っ飛んでいる程の
地雷の嵐。さらに取った陣をケロロ殿の高速部隊が襲うという緊張感の溢れる戦となった。

ここの戦から合計二十名近くの武将が集結し、十合流を同時に二つづつ打つという事を続け、
なんとか「ほんわか♨湯煙同盟」の面々を沈黙させることが可能という厳しい戦であった。
わずか14名の同盟で正面からわれらと打ち合ってくれたことがありがたくもあった。

「しかし、いそがしいのう」

「防衛戦で勝てるのは嬉しいですね」

「もっとぬっころすですぅ」



防衛戦で勝てたのは運も良かったのだと思うのぅ。
しかし、我々の望む形での戦が見えてきたのは今後の展望に期待が持てるかの。
そう思っているのは、儂だけでないであろうの…




そうそう、2日目の最後、
はやて殿の力試しの挑戦にのせられて、少し爺の部隊にも被害が出ました…
痛かったですぞ!!

対島津防衛戦同盟戦果

戦功
1位 ばんぶー殿
4位 Liu殿
16位 naka殿
18位 よっしー殿
20位 mitsu殿
21位 まみ太郎殿
22位 爺
24位 yabeyabe殿
25位 Bond★DX殿
30位 石透水殿

30位以内に10名って…

スポンサーサイト

<< 対、石田家 攻撃戦始末記 | ホーム | 百鬼揚羽 初戦。 >>


コメント:

ネタ化ありがとうございます^^
ウチはハリボテ部隊なので、ばんぶ~さんには遠く及びませんよw

この流れ、ぬっころされたオチがみえみえですよ~~~(笑)
ガトーさんも 吹っ飛ばされて泣いてましたw
ほんわか緊急総会で、もう北条とは絶対やんない、という決議が採決されました!!

もう北条とはやりませんw

ケロロさんガトーさん 差し出すので、ほかのメンバーには手を出さないでください!w

島津の皆様

楽しかったです。ありがとうございました。^^
うちよりも、武田の甲陽さんとか。上杉のP.Sさんとか。
そのあたりの同盟さんのほうが危険度高い気がするのは僕だけ?

し、しまった・・・
この記事を熟読していれば
今回の合戦で島津修羅烈火さん、ほんわか湯煙さんには手を出さなかったものの・・・

ええ、全然ほんわかしてなかったですとも;_;

遅ればせながら、、、
もうあさいち10合流弾怖いです
終日圧倒されて何一つ出来ませんでしたけど
楽しかったです有難うございました^^

次はちゃんと突撃します

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。