プロフィール

上条 孤鷲斎 寿親

Author:上条 孤鷲斎 寿親
やあ、お久しぶりじゃの。
寄られたのならば
ゆっくりしていってくだされ。
こっそりと昔語りや戦話をやっている、戦国ixa21-24鯖 足利家の同盟 
百鬼夜行の爺の部屋ですじゃ。

基本、その時そのときの戦ネタですが、よければ一言残して頂きたい処ですぞ。それでは、よろしくお頼み申しますぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

総来訪者様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対、石田家 攻撃戦始末記

又、石田家とか…
つくづく因縁があるようじゃの。

石田家には百鬼夜行時代に同道した武将が数多く在籍されている。

とちゅえびには餃子殿や金剛殿…
三献茶には一戦撃破がとんでもないことになっている、じみへん殿など

「あまり絡みたくないのう。」

今回は儂は農作業じゃの。
そう決めて、もう一つの同盟を思い出し、挨拶に行くことだけを
決めて準備期間を終えた。


合戦当日、一応の目標は決めて有ったものの、それぞれが
体調不良や現世での制約により、個人で稼ごうという雰囲気で
合戦の火蓋が切って落された。

それぞれが思い思いに陣を張ったところで戦功を稼ぎ、大分焼け野原に
なった頃、

「ねぼうしたですぅ」といつもの調子で魔王殿がやって来た。

「もう焼くところが残ってない…」

「そりゃ、この時間じゃ」

「おきなさいよ、ちゃんと」

などの声を受けながら、それでも攻撃できる先を見つけては、
城をぬっ殺していく姿はなんとも頼もしい。

ただ、そんな魔王殿も出城がくだんの「とちゅえび」に合流を撃たれ
昼過ぎに陥落させられしまった。そのほかも北東2に出城を出した百鬼の
武将は軒並み落されてしまった。

「こっちには来てくれんのう…」
儂らの出した北東1は、蕃風殿を筆頭に恐ろしい方々が多く、様子をみて
石田家の方々からも避けられたのか、敵襲が殆どなかった。

城の防御も最大にしてあった儂は、少し寂しくもあったので出城の名前を変え、
攻撃を誘ってみたが、それでもさっぱりであった。

「まあ、致し方ないのう。では、挨拶に向かおうかの」

前日、餃子殿の近くには挨拶の陣をはっとおいたので、今回向かうのは、
21鯖時代、爺が世話になった同盟、「八咫烏」殿じゃ。
この世界に入り、右も左も分からなかった頃、畑を耕すだけで全く戦力に
ならなかった爺を最後まで在籍させてくだすったありがたい同盟じゃ。
そこの主力の方がたが上杉家から石田家に移っていたのを今回知り、
盟主殿の近くに陣を張ってご挨拶させていただいた。
気持ちよくご挨拶させていただき、少しすっきりした儂は、
なんだか呼ばれているような気がして、百鬼の評議所に顔をだした。

「おう、爺、こんちわ」
「爺さま、コンニチワ」
「ぬっころしにいくですよ」

声を皆にかけてもらい、今いるこの場所を大切にせねばならないと
再認識し、合流準備に取り掛かった。

「ちょいと遠いがとりあえず着弾時間をだしますな…着は9分チョイが2つかの」

「あい、爺、いくですぅ」

「承知、出ます」

「のり・ノリ・乗り・らいどおん…」各々武将の声が響く。

そして「すまん、2発目の着弾1秒ずれてしもうた」と声を上げたが
皆笑って許してくれた。相変わらずへたくそですまんのう。

その合流は無事に敵城を落すことに成功し、儂は皆にあいさつをし、現世の
事業に戻った。

その後、暫く戻れなかったが変わらずで城への敵襲がなかったので、
今回はこれで終戦と考え、儂は配下の武将に暇を与え、数人には秘境への
探索を命じた。

「ふう、では休もうかの。」

そう思った矢先、目前の陣より敵襲との声が出城内に響きだす。

「どうせ、兵1のご挨拶じゃろ。敵襲は何部隊じゃ?」

そう聞くまもなく、

「敵襲、2部隊!いや、ほぼ同着で3部隊です!」

「しまった、早まったか。防御値、稼げたかもしれんな」

「着弾」

「殿、とんでもない部隊です。受けなくて正解だったかもしれません」

そういわれて報告書に目を通した。

「羅刹10、三段10、神速10…」
「次の部隊は、義兵10が2部隊に電光10が2部隊、さらに傾奇と愛と発動!?」
「最後が鉄砲隊剛撃10×3、義兵10…」

恐ろしい!調子に乗って防衛部隊をちょこっと置いたくらいだったらと考えたら
冷や汗ものじゃ。なんてことしてくださるんじゃ!
次に来ても受けませんぞ!村正殿!!

何処にも恐ろしい方がいることを再認識させていただいた一戦でありました。
報告書はちゃんと見よ~と。


対石田合戦結果(30位以内のみ)

戦功
3位 ばんぶー殿
10位 Liu殿
11位 らぅ殿
16位 爺
17位 石透水殿
22位 yabeyabe殿
24位 よっしー殿
25位 まみ太郎殿




追伸、前回の瓦版に書き込みくださった敵国の方々へ。

Twin殿&ケロロ殿 よい同盟ですね。連携も取れていて。次は避けます(笑) 

ガンダム殿 そうですね。10合流、爺は受けたくありませんもの。
       でも又撃ちますぞ。なんてね。

青亀殿 いろいろな国の猛者を知っておかないと有名人は狙われますぞ。
      蕃風も狙ってますから。

HYT殿 そういわず又お願いします。十分痛い目にあってますから。爺は。     

スポンサーサイト

<< 対、石田家連続攻撃 第2戦(上の巻) | ホーム | 対、島津防衛戦始末記(完成版) >>


コメント:

合戦お疲れ様です^^
上条さんとは今回絡みなかったですね^^;挨拶陣拝見しましたよー!
あと、北東1はなかなか人数集まらなくて手出しできませんでした;
できれば交えたくないですけどね(笑)
合戦前に泥酔で全く陣張れず合流しかしてなかった
餃子でした!

ノックは失礼かと思い・・・・・

小説仕立てにして頂き光栄です~w
私は2日通して3時間程しかIN出来なくて・・
2日目の夜に帰宅すると目前の出城の名前が
(ノックしか来ない城)に変わってたのでこれはお答えしないとって思った次第です~
失礼の無い様にデッキコスト40すべて使いましたww
弾かれるかなと思いながら撃ち込みましたが・・まさかすでに秘境とは・・・
次回は北東1は避けてくださいね!怖い人多スギですよ~
今回の攻撃は北東1防衛陣の意地の一発と言うことで忘れてくださいねw

追伸
ばんぶーさんww陣張られるだけで怖いので遠くから見守ってください(>_<)

連戦ですか!!

ひー、また北条戦ですか!
百鬼さんに目を奪われてたんですが、おむすび山さんとか、他にも強豪いっぱいいるんで、勘弁してください
Liuさんに1軍溶かされたんで、今回は控えめに戦う羽目になりました。。。
餃子さんのお城周りでお会いしましょうw鉄板ですから
(∩´∀`)∩ワッショイ

上条さん・・・

やっと家康にも剛勇無双つきましたでー(TT)


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。