プロフィール

上条 孤鷲斎 寿親

Author:上条 孤鷲斎 寿親
やあ、お久しぶりじゃの。
寄られたのならば
ゆっくりしていってくだされ。
こっそりと昔語りや戦話をやっている、戦国ixa21-24鯖 足利家の同盟 
百鬼夜行の爺の部屋ですじゃ。

基本、その時そのときの戦ネタですが、よければ一言残して頂きたい処ですぞ。それでは、よろしくお頼み申しますぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

総来訪者様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燃え尽きて ひとつも取れない 布告かな

「ほう」

布告の当日、弧鷲庵で様子を探らせていた裏の者の報告を聞いて唸る。
北条家からの布告は一つも成功していなかったからだ。

前回の東西戦で燃え尽きたか…

暫く連合から抜けられる程度の威信を獲得したことも影響があったかも知れない。
儂は覚悟を決めて兵舎へ向かい、防衛用部隊の再整備と部下の能力強化を命じ、
百鬼の仲間が居る評議所に馬を走らせた…


合戦当日、現れた敵を確認して憂鬱になる。

島津と上杉か…
敵は連合国。しかも面倒な相手が居るところだ。

幾度も対戦しているのである程度は判っているがまたあれを喰らうのか…

最近増えたとはいえ、高速部隊を率いて陣を蹂躙することにかけては、
一日の長のある、我々百鬼の中でも変態カエルと呼ばれ畏怖されている
ケロロ殿。ただの高速部隊ではなくその中に天武将が混成されているとか。
隣接されたら、もうどうにも成らない。

「現在はお二人のみで戦っておられるのか、出来れば関わりたくないのう…。」

他にも以前も手厳しい一撃を食らわされた「Team茶会」の猛者たち、
「薩摩北郷軍」はやて殿等、考えると中々の面倒な戦になりそうだ。

考えれば、更にその上に、上杉の軍勢まで引き受けなければならない。

「東西戦で兵を失い過ぎたかの…」


今となっては致し方ない。
そんなことを考えながら、決戦の準備期間は終了した…。


開戦時、今回百鬼はある試みをしていた。
それは、我々百鬼一の武辺者、蕃風どのに行われる、朝一番での一斉攻撃に
対応する作戦であった。
この戦の流れではどんな戦上手でも最大5つの陣・城を守るのが精一杯。
敵国もそれを見越して一斉攻撃を行うのだが、今回はこれを逆手にとって
百鬼の面々で一人1つか2つ、最大5つの陣に加勢をいれて待ち伏せしようと
いうものだった。
これには百鬼の問題点を解消することも可能という利点もあった。
そう、慢性的な防御値不足だ。
百鬼の面々は、爺も含め攻撃に特化しすぎているものが多数。
よって防御値不足で炎に縁無しというものも多い。その点を考えてもこれは
有用な作戦に思われた。
 前日の晩、担当をそれぞれ決め、準備をしていた。それは入念に、入念に。
少し離れた処から、自分の城から、それぞれが工夫しながらその刻を待った。

「開戦!!」

その声を聞き、戦場の様子を確認する。
そして、数分後、各自が自身の派遣した部隊の残兵を確認する。

「減ってない…」

「???」

「うち、来てないです!」

そして、徐に蕃風どのがため息混じりに一言。

「今回、無いみたいです…」

流石は島津家・上杉家。連合ということも有ったのだろうが、
今回は一斉攻撃は行われなかった…

有り得る事だった。上杉という義の国の矜持。島津という薩摩隼人の意地、
それらが具現化したような、蕃風どのにとっては、
久方ぶりの静寂からの戦となった。

「連合以外では続けてみるかのう」

提案した身としては罰の悪い思いをしながら、戦場に赴く。
そんな中、仲間の「気にするな」という暖かい言葉が身に沁みた。

その後はいつもの様に人数が揃うまで、それぞれが各戦場で戦功を稼ぐ。
人数か適当にそろった時を見計らい、百鬼十八番の合流を連発する。
着々と敵を下し、
いくつかの砦の集落を陥落させ意気揚々としていたときのことだ。

蕃風どのより、

「上条さん、ケロロさん暴れてます。隣に陣が出来てますから、来ますよ」

気が付いたときには残12秒。急いで部下を配置するも、全ては間に合わず、
着弾。手痛い一撃を喰らった。良く見ればそこはかの人の出城のある地域、
気をつけておくべきであった。実際その隣にも陣が張ってあったのを、
そのままの勢いで破られた。

「判っているのに何故…」

自責の念と、無駄に失った兵のことを思い、一人臍を噛む。

「なにが『こいぬ隊』じゃ、子犬どころか、狼じゃわ。」

そんなこんなをしている間に、儂の管理する村にも襲撃があった。
これは、聞き及んでいたものの初めて経験する方法だった。
部隊を2つないし3つを用意し、一番初めに着弾するものは多くの場合、
兵1。その後が本体だが1の兵が吹き飛んだら2段目以降の着部隊を
着弾前に引き返させるというものだ。

「爺とはちがうの。皆、工夫しておるのう」

儂の部隊は兎に角、特攻。しかも赤騎馬をはじめに…のような工夫もせず、
1軍を騎馬鉄砲で牛馬の如くこき使いたおすというもの。
流石にこれでは上位陣には食い込めない。しかし、判っていても繰り返してしまう。

そんな、寸止め、突撃をいらいらしながら対処していたが、途中、皆と合流中で、
余裕が全く無いときにそれを喰らう。当然、何も出来ず落とされてしまった。

「まあ、与戦功と奪戦功でいえば、後者のほうが多いゆえ許してもらえるかの…」

自分自身に言い訳をしつつ、時間をみればまもなく終戦となっていた。

「これで、仕舞いじゃ。」

秘境に探索に出す部隊を結成し、準備にかかると、驚くことに敵襲が。
急ぎ確認すれば、いつの間にか、爺の弧鷲庵の横には、ケロロ殿の陣。
更に近隣に、島津の同盟「ΨSMILE☮」の盟主スマイル殿。
昼間も不在時に特攻を仕掛けてきた「薩摩北郷軍」のはやて殿。

「いやいや、面倒な武将がたくさんじゃ。」

そう考えながら、実際の敵襲が誰からのものか確認する。

「!!!ケロロ&スマイル!!!」

そう、両人からのほぼ同時期の攻撃であった。いくら本丸とはいえ、最後の部隊が、
未だ、百鬼の仲間と合流に出かけている。配下の武将を集めるも、30以下の部隊。

「不味い、実に不味い。」

そうは思いながらも防衛部隊を組織し、部隊を差し込むのはスマイル殿の時!
と覚悟を決め、ケロロ殿の部隊を3つまで直接城で受ける。そして、4つめ、
5つ目から本格的に守備部隊を配置する。
結果、本当に落とすつもりは無かったであろう、ケロロ殿の部隊をやり過ごし、
スマイル殿の部隊の着弾時には、蕃風どのの加勢部隊を3つ受け入れ見事迎撃に成功。

弧鷲庵はそのままの姿を深夜の群雲の中に映していた…

その後、はやて殿より「攻撃してこいや~」という要請を受けたが、これは
前日、蕃風どのが、北条家「おむすび山」の盟主が攻められていたとき、
散々攻撃側の「島津北郷軍」の陣を荒らしていたので、そのしわ寄せを
爺が食った形だ。

お蔭で、はやて殿の炎券を手に入れる手助けをさせられてしまったが、
ちょうどその支払いが終わったところで、今回の戦は終戦とあいなった。


やはり、連合戦は敵襲が多く面白い。
爺のこんな独りよがりの書き物を読んでいるとおっしゃっていただける方も、
ちらほらいらっしゃり、誠に恐悦至極。ぜひ、又よろしくお願いいたします。

でも剣豪将軍シーマンズ殿、あんまり恐ろしい部隊で襲わないでくだされ。
又、上杉の颯結殿、今後も長距離砲はご遠慮いたしますぞ。


*この戦語りは、終戦時を元に書かれております。
現在、文中に登場するケロロさん、その盟友 ソロモンの悪夢、ガトーさんは、
あの恐ろしい、ちっともまったりでない同盟、「まったりのんびりな仲間たち」
通称 「Team茶会」に復帰されております。
次回対戦国になられた国の方々、くれぐれも気をつけてくださいませ。

スポンサーサイト

<< 攻めるふり 思わせぶりで 待ちぼうけ | ホーム | その時、爺は見た! ~第一回東西戦 幕~ >>


コメント:

長距離砲が来たなら、その大元を潰すですぅ
あの、ボケガエルには私もぬっこぬこにされたですぅ
いつか復讐してやるですぅ!
爺と下僕2号の裁きの鉄槌をくらうがよろしですぅ

ゴメンなさい、許して^^;
ばんぶーさんの鉄槌食らいましたし><
正義の鉄槌は、ぜひMなウチの盟主の方にお願い致します、魔王様^^

今回は強化した防御部隊で待ってたのに…
最後はありでした^^

次対戦する時は魔王様を10合流でぬっころすですぅ~

すいません
毛利→北条に布告したの私ですw

恐れ入りまする

魔王ちゃん
いや、爺程度ではもう追いつかない世界に
皆足を踏み入れているようじゃから…
carズさんに専門的にお願いしよう。
それにしても、一気に人気者になりましたな。


ケロロさん。
次は、曲がった腰をまっすぐにして、
しっかり受けられるよう、精進してまいります。
ぜひ、またお越しくださいませ。
しかし、うちの氏康に能力追加がうまくいかない…


はやてさん。
魔王ちゃんぬっ殺そうとすると、
一気に下僕が集まって逆にぬっ殺されるよ!
青亀さんも下僕なんだからね。
ちなみに爺は下僕でなく、守役じゃ。


青天丼さん。
毛利との戦、楽しくて良いんじゃが…
北条攻撃でやらせてもれえませんかのう。
まあ、本当は一緒になにかするほうが
良いですがの。



お疲れ様でした^^

私も攻撃ポイントはまあまあでも、防衛ポイントが・・・

ってことが多いので・・・

総合争い熾烈ですね^^

爺様には勝てないですぅ・・・あれ?

北条毛利になったら亀はどっちにつけばいいんだお・・・

あ、魔王様の攻撃に無血すればいいのか(`・ω・´)

遅くなりました。

青亀さん。
毛利家とぶつからなかったですね、今回。
次回もし、当たったら正々堂々と、魔王ちゃんに
落とされてくだされ^^


Vampire吸様。
なんか、下僕希望にみえるんじゃが…
次回以降、魔王様のお城への防衛陣、ちゃんと
張ってくだされよ。2つ以上絶対じゃ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


まとめteみた.【燃え尽きて ひとつも取れない 布告かな】

「ほう」布告の当日、弧鷲庵で様子を探らせていた裏の者の報告を聞いて唸る。北条家からの布告は一つも響があったかも知れない。儂は覚悟を決めて兵舎へ向かい、防衛用部隊の再整備...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。