プロフィール

上条 孤鷲斎 寿親

Author:上条 孤鷲斎 寿親
やあ、お久しぶりじゃの。
寄られたのならば
ゆっくりしていってくだされ。
こっそりと昔語りや戦話をやっている、戦国ixa21-24鯖 足利家の同盟 
百鬼夜行の爺の部屋ですじゃ。

基本、その時そのときの戦ネタですが、よければ一言残して頂きたい処ですぞ。それでは、よろしくお頼み申しますぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

総来訪者様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石田家と 何度か戦 したけれど 

しかし、石田家とは良く当たる…

布告が終わったら時に何と無く感じていたことが現実になった。
先ず、防衛戦であろうということ。
そうなった場合、石田戦になるだろうこと。

「中々大変そうじゃな布告の作業も…」

かつて、百鬼夜行が所属した足利家は弱小国であったが、
それだけに布告を上手く利用し、大国と渡り合っていた。
それゆえに叩かれることもあったが、それこそ正に、
作戦と運用の妙と言えるものだったと思う。

「さてと、挨拶の用意をしょうかの」

最近の戦の楽しみは専ら戦そのものよりも、
好敵手やかつての仲間との戦場でのやり取りに移っている。

前回の武田家との戦でもかつての仲間とのやり取りや、
武田の高名なかたりべ、KABO殿との陣での攻防は楽しかったし、
武田3大変態の一人(他お二人は?)、くまどん殿との陣遭遇も楽しかった。
そうそう、くまどん殿にはうちの蕃風とよっしーも遊んで遊んで頂いた様子。
爺よりかなり構って頂いた様で、すこし羨ましいですぞ。

「さて、今回はだれと遊んで貰おうかの…」

じみへんさん、村正さん…
いや、ここら辺は恐ろしいから蕃風ちゃんやLiu殿・盟主にお願いしようか。
ここはやはり「とちゅえび」の出てきた処で餃子さん達に遊んでもらうかの…

そんなことと、次の世界での身の置き方を考えながら前日の陣張りを終えた。

合戦初日、石田家の意図は明快だった。
「勝つこと。」
ここを最終目的として全ての行動を起こしていたようだ。
開始早々の北条家の稼ぎ頭の出足を遅くすること。そして、可能なら
そのまま封じ込めてしまおうという作戦だったのではないかと思う。

百鬼でもやはり蕃風どのは目標になっていたようだ。
各地の陣を同時に落とされれば流石の蕃風どのも対応の方法が無い。
一斉攻撃であえなくかなりの出遅れとなってしまった。

その後、百鬼としてはそれぞれ、出城を攻略し、
そこそこの働きはしていたものの
やはり防衛戦。敵の稼ぎ頭の方々はこちらに倍する勢いで
戦功を積み上げていった。

「やはり、稼ぎ頭の方々を抑えるしかないですね…」

「そうじゃの。やりますかのぅ」


その時の、戦功筆頭であったじみへん殿を筆頭に、凄い勢いで戦功を
重ねていた上位陣の将を狙っていくこととした。

しかし、いざ、出城を探すと、その目標となる武将の周辺に仲間の陣が少なく、
比較的近くにあった、当時戦功2位だった方への足止めの合流攻撃を
仕掛ける事にした。
その出城周辺は殆ど手付かずでまだ敵将が多く在城する状況だったが、

「他はさておき、一気に落としましょう!」と

号令一喝、百鬼の仲間で剛龍弾を打ち込むこととした。
しかし、念を入れて今回はあいての力量を考慮し、先に剣豪でも合流をうちこむ。
それと同時に、本体も発進することとした。

1.2.3.4.…あっという間に、10剛龍。更に乗りそびれるものも
でた。

皆が様子を見守る中、先ず剣豪の集団が着弾する。

「うーん、強いな」

★が3つも4つもある剣豪が攻撃するも、こちらの半数程度しか
兵を落とせない。

つぎの本剛龍でいけるか?皆がそう思う気持ちでいたときに着弾した。

「なんとか…」

「ふう。」

かろうじて出城を落とすことが出来たが、こちらも被害は大きかった。


本来、ここから更に多くの戦功上位者に回りたかったところだが、
こちらもそれぞれ厳しい状況が続いていた。

そして、深夜一時停戦の手前に、このままなら、なんとか巻き返せるか?
と思える程度だった差を、如何にして追いつくかの算段を皆で検討・協議して
いたときに、その一報が我々の評議所に飛び込んできた。

「北条の同盟盟主が落ちたようです…」

「なに、詳細を!」

急ぎ、詳細を確認する。其処には驚きの結果が記されていた。

「本格的な攻撃から、わずか5発で…」

「………」

評議所の中が静まり返る。その陥落で、与戦功6万超。

我々の2日目に向けて立案された、巻き返しの為の作戦は、
根本的に考え直さねばならない状況に陥っていった…


~対石田家 相模の国防衛戦 2日目につづく~
スポンサーサイト

<< 石田家と なんども戦 したおかげ | ホーム | 強敵が 相模の国に 攻めよせて。  >>


コメント:

ご紹介いただきありがとうございます~ノシ
高名などとお恥ずかしい限りです///

そして・・・

構い方がしょぼくて申し訳ありませぬ(´;ω;`)ブワッ

ばんぶ~さんに3発も挑むくまどんさんはすごいや( ・∀・)

もう一発自慢の序上部隊で突っ込めば良かったな~( ・∀・)

今回は防衛ポイント稼ぐために盟主としてのぞんだのですが・・
敵襲0・・・
僕は嫌われているようです;ー;
う~ん。石田さんにまた負けるし・・・
どこが落とされたのですか?
ちゃんと防衛して下さいよ~~~ww
PS爺様が如水うっかり合成して・・・
とか行った翌日間違えてスキル強化のスロット2に乗っけてました・・・危なかった・・・
ひどいこと言わないで!!!

上条さん~、合戦お疲れ様でした!
後半も楽しみにしてます

お疲れ様ですw

爺様オツでしたーw

挨拶攻撃すら出来ず申し訳ないですーw
最後にでも伺おうと思ってたのですが・・・
ばんさんへの攻撃で1軍のHPが・・・><
そのあと寝落ちしてしまいました<(_ _)>

次回は必ず・・・!!

おそれいります。

かぼ@武田さん
ご自慢の序上部隊で次回対戦の折には
是非、爺の処へおいで下さい。
蕃風ちゃんに行くよりよっぽど楽ですぞ。


Vampire吸さま。
いやいや、そのまま使っていたら、
ブログのネタとしては最高でしたのう。
これからも面白いブログ、期待してますぞ。


餃子さん。
今回もお世話になりました。
うちの他のものも御世話になったようで、
ありがとうございます。栞殿や皆さまにも
よろしくお伝えくだされ!


村正@笙殿
いやいや。村正さんのようなオッカナイ方の
挨拶は、城の横の陣だけで十分ですぞ。
蕃風ちゃんやLiuさんとの怪獣同士の戦を
お願いいたします。

感謝

今回は都合により1日だけの参戦となり、ちょっと荒めの攻め方になりました。おかげで夜には兵隊いなくなって汗

そんな中、Liuさんに攻めてもらって、ありがとうございます。こっちからも出す予定だったけど、騎鉄組めなかったんで・・・

次は私が攻めるので、ご勘弁を

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


まとめtyaiました【石田家と 何度か戦 したけれど 】

しかし、石田家とは良く当たる…布告が終わったら時に何と無く感じていたことが現実になった。 先ず、防衛戦であろうということ。そうなった場合、石田戦になるだろうこと。「中々


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。