プロフィール

上条 孤鷲斎 寿親

Author:上条 孤鷲斎 寿親
やあ、お久しぶりじゃの。
寄られたのならば
ゆっくりしていってくだされ。
こっそりと昔語りや戦話をやっている、戦国ixa21-24鯖 足利家の同盟 
百鬼夜行の爺の部屋ですじゃ。

基本、その時そのときの戦ネタですが、よければ一言残して頂きたい処ですぞ。それでは、よろしくお頼み申しますぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

総来訪者様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爺・蕃風 獅子皇会に お邪魔して。(2日目そして孤鷲庵にて)

2日目、やはり時間が自由にならない…

「致し方ない、戦の絡みは蕃風ちゃんに任そう。」

2日目の戦については全て蕃風どのに任せてしまった。
今回唯一、やらねばならなかった仕事をやるために…

攻撃兵が殆ど、枯渇した台所を、懸命にやり繰りし攻撃部隊を捻出する。

「待っておれ、くまどん!」

「いくぞ、KABO殿」

武田家にいる、現在も更新を続けている数少ない瓦版屋の2人だ。
ここは話の種を提供せねばなるまい…

先に、顔を出すことにしたのは、くまどんの処だった。
昼間、不在の間に儂も蕃風殿も陣を潰されていたからだ。
くわしくは、此処で

「じゃあ、熊丼食べに行きますか!」

「そうじゃの。」

そんな会話をしつつ、くまどんの城に攻撃部隊を送る。
全て兵1で組んだ剣豪部隊だ。

着弾するも、その剣豪部隊は無事に帰ってきた。

剣豪被害0対くまどん側被害6141という結果を持って。

「???」

報告書を確認するとなぜか、くまどんは、馬のみで攻撃を受けていた。
どうも、盟主に加勢を送っていたために兵も、防衛武将も居なかったようだ。
いくら、度を越した程の弄られ好きなくまどんとはいえ、兵も置けずに
ただ落とされるのは本位ではないだろう。
協議の結果、騎鉄からの大筒で一発で陥落を目論んでいた作戦の決行は見送る
事とした。

「くまの皮、欲しかったですね。」

「そうじゃの、クマの敷物ほしかったの…
 まあ、次は百鬼でかこんでやりましょうかの」

そんな会話を交わしながら、もう一人の瓦版屋、KABO殿との対決に向う。
ここはいつもと違う、大一番が待っていた。

ただの攻防では面白くないらしく、姫対姫での攻防を望んで
蕃風殿あてに、書状を送りつけて来たのだ。

確かに、蕃風殿へ攻撃に通常の10合流程度では被害も多くなるだろう。
しかも、大して役に立たないとはいえ、爺の部隊も加勢に入るとなると、
防衛側が圧倒的に有利になる。

姫自体がそんなに居ないこともあったので、どうしたものかと思ったが
蕃風どのが楽しげに準備しているのを見て、我が家に居る姫武将にも
出陣を命じた。

「すまんの、姫たち。ちょっと助けにいっておやり。」

しかし、どうやりくりしても、姫部隊は2部隊が限界だった。それを受け予定の
蕃風どのの陣に送る。

さらに近くにあった陣から、ホリック殿も姫加勢してくれた。
この様子は既にKABO殿の瓦版此処です。に詳しいので、其処を見ていただきたいが、
そのあとが余計だった。

勢いあまって、近くで見学していた爺の陣にも姫特攻を慣行してきたのだ。
まともな防衛部隊も揃えられないまま、3部隊程度で姫様たちの蹂躙を
喰らい、爺の部隊は足腰が立たないほどへろへろに腰ぬけとになった。

「しかし、あそこの姫様たち、やんちゃじゃのう」

「悔しいですね、次は姫様で10合流弾けるようにしてやろうかな…」

「ははは、いいなそれ。しかし幾ら銅銭あっても足りんぞきっと。」

どっと疲れが出た、終戦間際にそんな会話を交わし、相模獅子皇会での戦を終えた。



結果、2日目終わってみると参加させていただいた、
相模獅子皇会の同盟順位は3位。1位百鬼、2位獅子皇会を狙って
居た身として最善の結果とはいいがたいが、皆がしっかり頑張った
お蔭で、結果としてはまずまずではないかと思う。

戦功でいえば、
1位 蕃風殿
7位 うがにゃんさん、
8位 日比野晴矢さん
10位 孫五九さん
21位 ホリックさん
28位 爺。
41位 うめぼしさん
51位 紅式部さん

と、かなり皆の奮闘の跡が見えるのではないかと思う。

今回の一戦参加を認めていただいた獅子皇会の皆様に、
蕃風・爺共に大変感謝しております。共に戦えたことも、
たくさんお話できたことも良い思い出になりました。
ありがとうございました。
また、どこかで轡を並べて戦出来る日が来ることを楽しみに…


~相模獅子皇会に参加して 終幕~






その後の爺たち。~獅子皇の仲間を振り返って~

「いや~、おもしろかったの。」

「そうですね、最近もっぱらソロ活動が多くなってますが、
 今回は数多く合流も出来ましたし、会話もたくさん出来ましたしね。」

「そうじゃの。しかも歓迎のされ方に感激しましたのう」

「私たちの参戦を喜んでいただき、温かく迎えて貰った事心から感謝します」

「感謝、感謝じゃ。」


「ところで、蕃風ちゃん、獅子皇会の仲間の印象派いかがかな?」

「少数でも声を掛け合って色々攻略している仲の良い同盟という印象ですね」

「たしかに。」

「さらに、会話でも直ぐにレスが付いて、家族的な雰囲気の交流を
 大切にしている、素敵な同盟ですよね。非常に居心地の良い処でした。」

「儂も、同感じゃ。戦での紙一重の楽しさもこの規模ならではのものじゃの」


「それぞれの方も良い方ばかりであったしの。」

「そうですね。盟主のホリックさんは嫌味な所が全く無く、礼儀正しい
 素晴らしい盟主でした。」

「律儀者の感があるの。素敵な盟主じゃ。」


「孫さんは獅子皇会の軍師で、類稀な指揮力を発揮される方ですね。
 たまに出てくるエロネタは場を盛り上げるのにも役に立っていますしね」

「そうじゃの、前期対戦した時とは隔世の感がありますのぅ。そのころから
 変わらないのは良い漢というところかの。」


「日比野さんは、辺境での戦功を稼ぐスペシャリストですよね。私も何度も
 争いに負けてます。あとお祭り好きですよね。今回もすごく楽しんで
いただいた感があります」

「姫対決に参加できなかったのを悔やんでましたの。」


「うがにゃんさんは、獅子皇会のムードメーカーですね。ノリも良いですし。
 戦場では探索・探り役を常に行い、攻略可能な拠点を探して報告される役を
 こなしてました。頻繁に迷子になった私をよく導いてくださいました。
 更に、部屋着が素晴らしい。こんど遊びにいくですぅ~」

「おう、ばんぶーちゃん、性格が変わってますぞ。百鬼でいえば、
 魔王ちゃんとまみ太郎ちゃんを合わせたような感じじゃの。」


「紅式部さんはいかがじゃ?」

「獅子皇会一の実力者かもしれません。特に防衛の数値は私も長く彼を
 目標にしてましたしね。」

「ほう、それは相当じゃの。敵になったら素通りじゃな。」


「うめぼしさんは、今回一緒に苦しみながら盟主戦を戦えたのが良い思い出です。
 戦友ですね。既に。最後ちゃんと挨拶できなかったのが悔やまれます。」

「あれは、久々にめまいがしそうじゃったの。まあたまには良いがお蔭で、
 次回が心配じゃ。しかしあの様な戦を一緒にすると絆が深まるのう」


「なんにせよ楽しかったのぅ。他の方とももっとお話できればよかったんじゃが、
 それは又の機会にとっておこうかの。」

「そうですね、又どこかでご一緒出来ますよきっと。」

「そろそろ、次の準備もある事ですし、帰城しますね。」

「おう、ではの。」


ひとしきり、獅子皇会での思い出話に花を咲かせ、蕃風殿は帰って行った。
気が付けば、既に日は昇り始めていた。
そのお日様は、にわかに月の影に隠れ、綺麗な輝きを放っていた。
そう、我らの心をつなぐ輪の様に…

(弧鷲庵 茶室にて。)


スポンサーサイト

<< 刷新が 決まってみんな どうします? | ホーム | 爺・蕃風 獅子皇会に お邪魔して。(合戦初日) >>


コメント:

合戦お疲れ様でございました。

もうお一方加勢を入れていただいていたとはw
爺様フル加勢で加勢5部隊かと思い、随分兵を消耗させてしまったと心配しておりましたが、大丈夫そうですね!ね?w

しかしこれで北条家のトップランカーにも目を付けられそうですのお…
私単体では結構大したことないので、私を的にするのはやめてくださいね^^;
あ、武田家にはくまどんさんいるから大丈夫かw


ももももももう、もう、ばんぶ〜さんに10凸したから許してください!(;;)
1部隊配置だったとはいえ、剣豪合流の結果見た時は戦慄しましたですよ。。。
KABOさんの方がくまなんかよりも歯ごたえあるので、ぜひそちらへ。。。

ありがとうございます。

律儀者・・・ちょっと恥ずかしいですw

ブログに細かく出して頂きありがとうございます。

今回の交流は当同盟にとっても色々と経験でき収穫の多い合戦でした。

また上条さん、ばんぶ~さんお二人には兵を随分消耗させたのではないかと心配です。
次の合戦に影響がなければ良いなと願っています・・・ごめんなさい。

上条さん、ばんぶ~さん、盟主のmitsuさん、X百鬼揚羽Xの皆様にはこのような交流の場を作って頂きありがとうございます。

この場をお借りし同盟を代表しましてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

曇っててよく見られなかったよ…

2日目は来客あったし、しかもお泊りしてくって言い出すから、集中してixaできなかったなぁ…
それで夜も早々に寝ちゃったし…w

今度は私が百鬼にお邪魔しちゃおうかな!w

迷子の子羊ばんぶ~さん
いろいろ導いてあげるから、今度雷都に遊びにおいで~w
部屋着は見せてあげないけどね!

あ、関係ないけど、やっぱり全裸は部屋「着」とは言わないと思うよ?

感謝感謝感謝。

上条さん、盛り過ぎですw美化しすぎですw
恥ずかしいですw

でも、こんな交流戦もホントに良いものですね。
他同盟の空気に触れる事は、井の中の蛙にならぬためにも必要な事なのかもしれません。
色んな方たちと、色んな考え方でixaを楽しむ。

私も旅に出てみようかな?

また是非、ご一緒させて下さい。
ありがとうございました!

上条さん
合戦お疲れ様でした&ご参加ありがとうございました!

せっかくの機会なのに、当方あまり参戦時間が多くとれずひっじょーに残念でした(´・ω・`)

ただ、私としては普段直接会話することのできない他同盟の方とお話ができるだけで新鮮でしたし、くまどんさんとの絡みなんか非常に楽しかったですw

またこういう機会があれば今度はもっと絡めればと思います!

嗚呼しかし私も姫合流対決参加したかったw

それでは残りの合戦も頑張りましょう(・´з`・)

チョリーッス2!

合戦2日目のアップ乙ですm(_ _)m
今回の一番の収穫は「こしゅうさい」というお名前の読みがわかったことですw
なんとなく「こしゅうさい」とお読みするんだろうなとは思っておりましたが、違ってもアレな感じなんで思い切って聞いてみた次第です^^;
一説には「ガツガツサイ」とかもありましたがw

この鯖も残り少ないですが、共に頑張りましょうゾ!

北条の爺としてご活躍されることを祈念いたしまして、御礼のご挨拶と代えさせていただきます。


獅子皇会のお仲間へ

皆様、コメントたくさんありがとうございます。
なかなか時間が取れず、ちゃんとここでのお礼も
出来ず、不調法で申し訳ございません。
先の戦はやはり面白く、そして最初の頃の様な
高揚感がありました。おかげで燃え尽き症候群が
出ていますが…
終戦の予定も出ましたので、どうか皆様、報酬も
かかってますので頑張ってくださいませ。
特にホリックさん!今、ギリですぞ!!気合じゃ!

かぼさん&くまどん!

お遊びが過ぎて、爺は兵不足になってますぞ。
もし、武田と当ることがあればしっかり仕返し、
させていただきますぞ。
かぼの漬物とくまの敷物、持って帰るつもりですので
お覚悟くだされ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


まとめtyaiました【爺・蕃風 獅子皇会に お邪魔して。(2日目そして孤鷲庵にて)】

2日目、やはり時間が自由にならない… 「致し方ない、戦の絡みは蕃風ちゃんに任そう。」 2日目の戦については全て蕃風どのに任せてしまった。今回唯一、やらねばならなかった仕事


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。