プロフィール

上条 孤鷲斎 寿親

Author:上条 孤鷲斎 寿親
やあ、お久しぶりじゃの。
寄られたのならば
ゆっくりしていってくだされ。
こっそりと昔語りや戦話をやっている、戦国ixa21-24鯖 足利家の同盟 
百鬼夜行の爺の部屋ですじゃ。

基本、その時そのときの戦ネタですが、よければ一言残して頂きたい処ですぞ。それでは、よろしくお頼み申しますぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

総来訪者様数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終戦 右も左も 特攻機。

いよいよじゃな。

泣いても笑っても、最後の通常戦。いつもなら、否が応でも
気合いが入るのが普通だ。
しかし、何故か普段より落ち着いている自分がいる。

評議所へ向う道を愛馬とともに進めながら、
いつもと違う風が吹いていることに気が付いた。

「何処と無く甘い、そして凛とした風じゃの。」

そうか、この風は、今回参加のうがにゃん殿の風じゃな。

今戦には、かつて儂と蕃風どのでお邪魔した相模獅子皇会殿から
うがにゃんどのが参戦して下さることになっていた。
蕃風殿やLiu殿とも違った上位者の動きを勉強させてもらえる
又と無い機会じゃ。

「しっかりその勇姿を目に焼き付けねばの。」

進める手綱を緩め、足を速めて評議所に向う。


今回の合戦の相手は、鯖、最強の国と目される甲州 武田家。
闘いかたを間違えると攻撃側でも、勝ちは危うい。
気を引きしめねばならない相手だった。それは、ぷろいくさーの瓦版にも
顕著だった。

合戦前日、甲斐の国、北西に侵軍した我ら百鬼は
当然、皆が明日の合戦開始直後の重要性を理解していた。
その為、百鬼評議所において合戦当日の戦い方が議論されていた。
そして、議論の結果、

「では、明日の最初は戦功稼ぎを捨てて北西①周辺の武田の陣を
 叩きましょう。」

「おう。」
「はい」
「はいですぅ。ぬっこぬこにぬっ殺すですぅ」

「おう。では、叩き方は如何いたすかな?」

「朝から合流でいきますが、時間をかけていられません。二組に分かれて
 多方面に行きます。面子は…」

「悪鬼組が軍師を盟主のmitsu殿中心に・殿・殿そして爺。
 羅刹組が、蕃風でうがにゃん殿   」

「合流で潰していくのは甲陽軍艦さんの陣を中心で行きましょう。」

「相手は皆さん強いですから。しっかり叩きましょう!」

皆で、目的を持って事に当る最後の戦い。誰も口にはしなかったが、
心に期するものがあったと思う。
そういう儂も静かに燃え上がるものがあった。


初日、予定通り「悪鬼組」と「羅刹組」で北西1周辺の陣を焼いていく。
合流で、時には囮部隊で、速度部隊で、赤かった出城周辺を青い安全地帯へ
変えていく。
しかし、そんな中でも、合流部隊には無血で陣を明け渡し、単独で突っ込んでくる
ものの部隊は迎撃するというような戦巧者ぶりが見受けられた。
これには、われら百鬼の中でも、
「流石、甲陽軍艦。半端ではない」という共通した認識が生まれていた。

それでも、各方面を担当した悪鬼・羅刹共に約1時間少しの時間を使い、
北西1のとりあえずの安全を確保することが出来た。

「では、それぞれ勝利に向って!御武運を!」

掛け声ともに自分の戦場に疾走する「鬼」たち。
それとは別に、当初からの目標でもあった敵国盟主への攻撃を
初日の午前中から開始する。

「行ける方、数字を!!!」

敵盟主城周辺に居た百鬼の仲間と語らい、10合流をバンバン撃つ。
最大4つの10合流を打ち出しながら、続けざまに攻撃を繰り返す。

「おめ~」
「おめでと」
「おめです」
「…乗ってない奴で落ちた…」
「うっ。」

合流参加者が多かったために何処で落ちるか判らない、
正に福引状態。最終戦で戦功があまり大きな意味を成さない戦だからこそ
皆、気にせずどんどん合流に乗る。
兵を溶かしたいのだ。

「じゃあ、次から、みんなの下僕は合流の先鋒と次鋒専門ねっ」

「よろこんでっ!」

みんなの下僕とは、あだ名を付ける名人の魔王ちゃんが盟主のmitsuさんに
付けたあだ名だ。その他に縞パンマンとか、下僕1号から確か5号くらいまで
居たはずだ。
儂は爺と呼ばれているのが普通となっているが、そういえば蕃風どのには、
あだ名らしいあだ名が無いような気がする。
儂が「ばんぶーちゃん」と呼ぶのが唯一で、他の仲間がそういっているのを
聞いたことが無い…
よっしーは以前の名前の時のあだ名が今期の名前になっているが。

その後もかなりの数の盟主を攻略する。
激しい抵抗にあったが、其処も数の暴力を存分に活かし、陥落に成功した。

「しかし、加勢が少ないのぅ」

確かに、盟主宛の加勢が少ない。最終戦ということが影響していると
思うが、それでも30人規模の盟主でも加勢が数人である事が殆どだった。

「盟主に加勢のほうが美味しいのに…」
そういう考えもあるが、やっぱり最終戦。派手に攻撃したいだろうと
思う気持ちも十分わかる気がした。

2日目、前日陥落させた盟主が復活しているのを確認し、再度攻略を
試み、そして、同じように陥落させた。
いくつも、いくつも。

Mitsuさんが、Liuさんが、よっしーが、空さんが、石さんが、翔鳳さんが、ねじさんが
戦場を狭しと駆け回る。
魔王ちゃんが、優衣にゃんが、梅さんが、yabeさんが、まめちゃんが、えびちゃんが
敵を求めて徘徊する。

皆が連なって戦場を疾駆する様子は、まるで話に聞く、「百鬼夜行」
そのものであった。

北条家に「百鬼揚羽」ありといわれた同盟に参加できて嬉しく思う。
皆で戦えたことを誇りに思う。
あと1戦、百鬼のうちの鬼の一人として、しっかり戦できるよう、
今から準備しておこう。皆に恥をかかさない為にも、自分自身の少しだけ
ある何かの為にも。 

まあ、爺様の鬼など怖くないが…。

~甲斐 武田家攻略戦 終幕~

むうこのかんじ

途中、ニュータイプになった魔王ちゃん。何かを感じたようでした。



通常の戦はこれで終了。あと一戦、東西戦がありますのぅ。
最後まで戦い抜いて、有終の美が飾れるようにしたいと
考える爺でございました。
スポンサーサイト

<< 爺・蕃風 勝手に思い出話 その1 | ホーム | 最終の 一つ手前で 気合入れ。2日目 >>


コメント:

私の2期目は、今回が最終戦でした
百鬼揚羽、楽しかったよ~

ありがとうございました~

普段はお城を2とか3合流でどんどん落としてく感じなんですけど、今回は百鬼の流儀でやらせて頂きました!
いつも精一杯動いて戦功を獲得してるけど、盟主攻めするとあっという間なんですね・・・w
何気に10合流も初めてだったので、楽しかったです~

チャットは、皆さん凄い方ばかりであまり参加出来なかったんですけど・・・
実は、裏でばんぶ~さんに辱められてました・・・///

今回は、防衛部隊を溶かす!って目標だったのね。
攻撃は、東西戦でも使えるけど。
防御部隊は、あまり使う部分がないのよね。加勢送れない事も多いし。
特攻される事は多かったけど、防御Pはいまいちだったなぁ。

うがにゃんさん、楽しんでもらえてよかったです。^^

さて、次がラスト!楽しもう。そして、有終の美を。

最終戦が北条だったら恐ろしい事になってましたな・・・

一度その中に入って遊んでみたかったなー
4期目までやってればあるいは・・・?

Liuさん。

百鬼、爺の誇りでした。
楽しかったり、大変だったりしたけど、
それでも大好きな皆が居る百鬼、
来期は頭で大変でも、よろしくお願いします。

うがにゃんさん

今回はスポット参戦ありがとう。
百鬼は皆大人だから、なかなか会話に
入りずらかったね。ごめんね。
また、どこかの戦場でいっしょにできたら
うれしいな。

よっしー。

次がラスト。しっかりやりましょう。
東西戦をもってこの戦語りも終わりますが、
よっしーとの友情は終わりません。
ぜひ、来期の百鬼もよろしくお願いします。

雄秀さん

今回の最終戦みたいに西京さんも
人が居たらバンバン行けるんじゃないですか?
4期、あれば百鬼と合弁してもいいんじゃない?
その時は爺も居たいなあ。

お疲れ様でした^^
今期は色々な方と交流を持たせてもらい楽しく過ごせました^^
来期、国が違うかもしれませんが・・・また宜しく~
百鬼の方々にもお礼を言っておいてくださいねmm

やっと上条殿と絡めたのに・・・

こんにちはー

甲陽軍艦の福虎と申します。

いつも楽しく拝見してます。書き込みは今期始めてで最後かな。

では、上条殿とからんだシーンを再現

伝令「敵襲着弾まで@10分 場所は北西陣張り中継陣」

私、ただの陣はがしだな 合流やら地雷セットやらでコストがない
「Yさん一人で十分だ」 ポチ

結構遠くからだぞ敵は誰だ? 

伝令「敵は百鬼の上条殿です。」

百鬼の面々は出城周辺の陣を合流ではがしているはず。
まずいぞ、北西を聖域化するためにこんな遠くの陣まで
剥がしてるのかも?

合流中の部隊以外は、一旦持ち場を離れー
防御部隊を緊急配置 合流攻撃を気にしつつ
着弾を待つ

が、馬500でした、ちゃんちゃん

その後は、私は、甲陽主力の方々と南東の出城攻撃を
してたので、北西の戦いには、参加出来ずじまいでした。

来期もどこかでお手合わせお願いします。(弱いですけど)

吸ちゃん。

来期もブログ更新期待してます。
色々ありがとね。国がどこでも面白いもの、
期待してますぞ。

福虎@甲陽軍艦さん

初の書き込みありがとうございます。
いきなりですが、文章上手ですねえ。
福虎さん、お書きになったら如何です?
結構、こういうタイプのブログ少ないですから
イイかも^^。
気が付けば最終です。ぜひ、来期も頑張って
くださいね。活躍期待してますぞ!

お疲れ様でしたーー!

終盤は北条か島津しか合戦してなかったですw
いつか百鬼にヤラレルと思いながら毎回ビクビク・・・

in時間少なくなっちゃいますが来期もよろしくお願いします!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


まとめtyaiました【最終戦 右も左も 特攻機。】

いよいよじゃな。泣いても笑っても、最後の通常戦。いつもなら、否が応でも気合いが入るのが普通だ。しかし、何故か普段より落ち着いている自分がいる。評議所へ向う道を愛馬ととも...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。